Googleアナリティックスの「検索のみ」の直帰率を見て下さい 【organic search】


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

→ 本講座生、ブランディングコンプリート講座生にお知らせします

Googleアナリティックスを見ると直帰率という言葉があります。
直帰率とは、「サイト内で1ページしか見ずにそのままサイトから出た割合」です。
つまり、この数字が低いほど、2ページ以上、複数のページを見てくれているということになります。(1ページだけ見て帰っていないよってことです)

これはすごく大切で、ブログやホームページは、複数のページをよく読んでくれていた方が、お問い合わせや集客をより獲得しやすくなってきます。

特に、検索から来ている人たちの直帰率が低ければ、ホームページやブログの仕組み上を集客や成約を自動化しやすくなって来ています。
 

 

 organic search(検索からのみ)の数字と見比べてみてください

ここで画像をご覧ください。

15589938_1251581894922283_4900400137202646599_n

1つ目の画像のように、
このように全体的な直帰率よりも検索からの直帰率が低ければ、 SNSや広告、紹介よりも成約や集客がお金をかけずに自動化ができていると認識して良いでしょう。

2つ目の画像は、これだとイマイチ。

15492449_1251581901588949_6805387710329174267_n
逆に検索からの直帰率が高ければまだまだ手直しをする必要があります。
ここの手直しや改善方法はまた別途でお伝えします。

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る