商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかするには


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

 売りたい商品はあるが
 何をどうしたらいいのかがわからない


売りたい商品がある

けれどもなかなかお客さんに商品が行きつかない。
契約まで行けない
営業をするのが苦手である

例えば今まで、私どもの講座、コンサルを受けていただいた方にこのような方がいます。

技術者で独立をした方は営業をしたことがなく、営業の営業に時間を使いたくないなるべく自分の力出せる技術や知識を有効に使える時間だけに集中させたい

建築業の方は、
ホームページやランディングページをデザイナーに任せてきれいに作ったがどう活用していいのかがわからない結局集客や制約につながらない

ヨガスタジオを経営されてる方は競合が多くどのように集客をしていいのかがわからない
そして継続して通ってくれたり商品を買って欲しいがなかなか成約に行きつかない

物を売っていたとしてもその商品の良さをわかってくれないというケースが多いです

 

 では結局何をどうなっていればいいのか?

結論として答えは

 

お客様の側から来てくれれば良い

お客様の側から選ばれる体制を半自動的に選ばれる体制をつくりあげてしまえばいい

 

こちらから「買ってください」とやると嫌がられてしまう。

例えば、洋服屋に行ったときに店員が話しかけてくる。わざとらしいような売り込みの仕方で欲しかったものも却って欲しくなくなる。

お客の側からしたら嫌にならないような、

お客様から喜んで選んでくれる体制を作り上げれば、売り込まないで売るということが可能になります。

 

 お客様から選ばれる体制をつくりあげるには何をすればいいのか?

この売り込まないで来るお客様から選ばれる体制をつくりあげるには何をすればいいのか?

これはナンバーワンとオンリーワンを掛け合わせたもの
これが実現できるとお客様から選ばれる体制をつくりあげることができます。

hmhp001

なぜこの2つの掛け合わせを作る方法、ナンバー1とオンリー1の作り方は、次回以降の記事をご覧いただければと思います。

 

 ナンバーワンとオンリーワンをかけ合わせた結果、どうなるのか?

さてこの2つを掛け合わせた結果ナンバーワンとオンリーワンをかけ合わせた結果このような結果になります

起業して1年間で獲得したお客様の4倍の数をわずか半年でかくと

何をどう手をつけていいのかわからなかった治療家の方がブログで、そしてリアルで何をどう伝えてていけばいいのかわかることによって営業の決めゼリフ最終的にこれならば製薬に持っていると言うやり方を獲得した

建築用の方ホームページやランディングページからクレーマーにならない冷やかしにならないお問い合わせを毎週獲得することができた

ナンバーワンとオンリーワンこの2つの作り方と活かし方は次回以降の記事を見ながらご自身で作る事は可能になっていますそれでここでもう一つ選択肢が我々の講座を受けて作るということも選択できます

ここで2つの選択肢ができました記事を見ながら自分で作る我々の講座を受けて作る我々からするとあなたの商売が成功するならばどちらでも構わないと思っています

もちろんご自身で作られればそれに越したことはないでしょうが、なかなか自分自身で自分のナンバーワンである要素強い部分オンリーワンである要素ここが他と違うところだと言うポイントを客観的に見つけることは難しいでしょう

しかし講座を受けてまで講座を受けるのはちょっとなと思われる方はこちらの記事を読んであなたのどこにナンバーワンの要素があるのかオンリーワンの便あるのか作り上げていってみてください

 

>>自分でナンバー1とオンリー1を作る 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る

 

>>我々とナンバー1とオンリー1を作る ブランディングコンプリート講座について見てみ

 

>>ナンバー1とオンリー1を伝え売り上げにするには? ナンバー1とオンリー1の伝え方シリーズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る