「売れる仕組み」を作り出す4つの分析ポイントとは?


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

仕組みを作り出す4つの分析ポイントとは?

仕組みを作り出す4つの分析ポイントとは?

売れる仕組みを作り出す4つの分析ポイント


「売れる仕組みを作り出す4つの分析ポイント」があるのって知ってますか?
いやはや、売れる仕組みを作り出せるポイントがあるなら早く知りたいですよね。

 

ちなみに売れる仕組みって何をどうすればいいの? 何をベースに考えればいいのか?

商品? サービス?  ビジネスモデル?  お客様?
さて、なんなんでしょう?

商品は時代により変わるし、サービスも同じ、勿論ビジネスモデルも進化していきます。

ということは、

まずはお客様に聞けということになります。

「お客様」を中心に考えるとその答えは自ずと出てきます。

 

では、一番欲しいお客様は?

それは我々がお客様にオファーしたときにすぐ行動してくれて、

こちらが提案する値段で買ってくれるお客さんで、そんなお客様が増えることが最も得たい結果かもしれません。

 

オファーですぐ動くお客様  ×  価格勝負でなく提案価格で買ってくれるお客様

 

こんな流れを作れるのが一番です。

ちょっと待ってよ、こんなのできっこないじゃんって思うかもしれません。

でも、この方式はよくよく考えたら、お客様との関係性を高めるということです。

ということは、大手ではできない小回りのきいた関係性を高める何かっていっぱいあるのではないでしょうか?

 

お客様をベースに分析する4つのポイント

現状を踏まえてお客様をベースに4つのポイントを仕組み分析し、見直し、

実践していくと仕組み作りが見えてきます。

特にWebでは重要な分析ポイントですが、リアルでも同じ。

その4つのポイントとは。

 

①流出率  

②新規獲得率  

③反応率  

④接触率

 

 

この4つをグラフ化して分析していくと

自社が今後やるべき仕組み化へ向けての方向性と

そのステップの順序が明確に見えてきます。

 

これによってわかること、そして重要なのは、

お客様の動きや流れを見るということです。

そこに売れるヒントが必ず隠れてるはずです。

 

ちなみにご存知だと思いますが、

4ステップのマーケティングは

「集客」→「見込客フォロー」→「販売」→「顧客化」

 

こんな流れになります。是非参考にしてみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る