【ホームページ診断で発見「ありがちな失敗」⑥】パソコン・スマホそれぞれの問い合わせのもらい方


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

 

パソコン・スマホそれぞれの問い合わせのもらい方

パソコン・スマホそれぞれの問い合わせのもらい方

パソコンとスマートフォン、どちらのアクセスがあなたのホームページで多いですか? もしスマートフォンのアクセスがそのサイトの8割以上を占めているのに、パソコンよりの問い合わせのもらい方をしているとせっかく問い合わせをしてくれるはずだった方々を離脱させている可能性があります。

ではパソコンでの問い合わせのもらい方
スマートフォンでのお問い合わせのもらい方についてお伝えしていきます

これは、BtoB(法人対法人) BtoC(法人対消費者)で違いはありますが、基本的に法人はパソコンでアクセスをしてきてます。

商社の場合はその会社の提供している商品によってパソコンなのかスマートフォンなのかは分かれてきます。 高額品や超高額品である場合はパソコンからのアクセスが9割以上である場合があり、パソコンからのアクセスを気にする必要があります。

対消費者向きの商品である場合、スマートフォンからのアクセスが多くなることがあるでしょう。

パソコンからのアクセスの場合

この場合2つのパターンがあります
パソコンから見てお問い合わせをしたいときに

 この記事は通常の記事とは違い有料講座やセミナーでのみお伝えしている内容です。
 記事全文は、無料会員登録された方にのみお伝えさせていただきます。

>メールアドレス登録をすると、他にもとっておきの情報をご覧いただけます。詳しくはこちらをクリック

btn0003 
btn0002

※メルマガ会員の方は、既にパスワードを送付してあります。メルマガをご覧ください。

 

>>前のページ ⑤問い合わせは頼みやすさが鍵となる

 

 ホームページを診断で発見した「ありがちな失敗」シリーズ

⓪-1知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
⓪-2知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「制作会社を知る」(中編)
⓪-3知らないと大損するWEB制作の怖ろしい話「サイトを知る」(後編)
①どんなキーワード(要望)で人が来ているのかを把握していない
②何が頼めるのかよくわからないケース
③問い合わせの以前にアクセスが伸びず人が来ない
④ブログ書いてるがアクセスが伸びない
⑤問い合わせは頼みやすさが鍵となる
⑥パソコン・スマホそれぞれの問い合わせのもらい方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る