yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

売り込まないセールス設計
クロージング戦略マーケッターの安部です

シーンを武器に新たなる需要喚起

シーンを武器に新たなる需要喚起

「コーヒー戦争に異変アリ?」

日本列島今やコーヒーを巡ってあらゆる業種が群雄割拠しており、

過当競争が繰り広げられているのは周知の事実。

缶コーヒーに始まり、チルドコーヒー、コーヒーチェーン、

ファストフード店、そしてコンビニまでが参戦するまでになり、

熾烈な市場ではあるが、

幅広い方々に支持されるまだまだ膨れ上がりそうなコーヒー市場。

コーヒーチェーンとしては外資が入る前からある

ドトールが遂に「100円」コーヒーに名乗りを上げることに。

JR東日本の駅ナカコンビニ「NEWDAYS」で、

カウンターコーヒーとして「Eki na CAFE(エキナカフェ)」を明日10月1日から展開するらしいのだが、

NEWDAYS専用のオリジナルブレンドを「ドトール」と共同開発。

元々、コーヒー取り扱いの声が多いこともあり展開に踏み切ったようだが、

駅ナカの人の混雑の中でどうさばいていくかも考えられており、

サイズはワンサイズのみでホットとアイスだけというラインナップ。

更に通常のコンビニでよく見る一杯挽きのコーヒーマシンは約60秒かかる為、

約10秒でコーヒーを入れられるポット式を採用し、

繁忙時への対策も考慮。

駅ナカでは通常のコンビニよりもかなりのスピードが求められるため、

早くするためのオペレーションを重視し、

そして、味の部分ではコーヒーチェーンの大手ドトールと組むことで

安定したコーヒーを提供してくれそうですね。

明日から販売を順次開始し、2014年度中に70店舗展開を目指すとのこと。

僕も前々から駅なかでそういうサービスあればなと思っていたので

楽しみです。

ほっといても往来する駅ナカ客、

これまでのカフェ需要に加え、

その乗り換え時というシチュエーションならではのちょい飲み(ちょいカフェ)スタイルが、

また新たなカフェ需要を生み出していくのは間違いないでしょう。

もしかしたら普段、なにげに流れてしまっているシーンにちょっとした事を足すだけで

新たなスタイルが生まれるという事かもしれませんね。

 

売り込まないセールス設計|行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ
売り込まないセールス設計コンサルタント 安部由宇輝

安部由宇輝のfacebook 安部由宇輝のGoogle+ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る