yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

指原莉乃の強さとは何か? 2016総選挙第一位に迫る!

指原莉乃の強さとは何か? 2016総選挙第一位に迫る!


怪物…指原莉乃の強さとは何か?

怪物… と言われる存在にまでなりつつある指原莉乃

今年こそはリベンジと野望を抱いてたまゆゆを圧倒的な得票差で付け入る好きもなく圧勝。

その得票差はなんと7万票近く。 この得票数だけでも選抜メンバー入りできる程の数字。

正直、アイドルとしては無類の可愛さを持っているわけではなく、 むしろアイドルらしくない部類かも知れない。

しかし、そこが彼女の強みなのだろう。

アイドル市場においてほぼ芸人枠のアイドルと言えば指原を置いて右に出るものはいないだろう。

これは、 タレント枠で考えても同様のことが言え、 この枠では芸人的なアイドルということが言える、

ようは芸人として考えると可愛い部類で売れ、 アイドルとしてはおもしろ芸人枠として売れる。

どちらの市場においてもダントツにとんがってるのだ。

そして、 笑っていいともや、 その他のバラエティー番組で鍛えられ、

よりトークも研ぎ澄まさせた事も大きいだろう。

 

恋するフォーチュンクッキーはライトユーザーの取り込みに成功

更には、

総選挙で初の1位をもぎ取った時のセンター曲 「恋するフォーチュンクッキー」(YouTube再生数は1億に届く勢い)が

ファンだけの買い込みではなく一般の人にも売れた事が更に知名度を上げ、

ライトユーザーの取り込みにも成功してるのではないか。

 

事実、その後に発売した曲もほとんどがミリオンセラーだが意外に知らない。

ファンが最初に買い込んで一気にセールスするからあまり曲を耳にすることもないわけだ。

だから、発売直後は半端ない販売力だが、 その後は売上が上がらないのがほとんど。

 

それに比べ「恋するフォーチュンクッキー」は 初動も凄かったが息が長くその後も売れ続けた。

そんなこともあって、 昨年度のカラオケでも人気NO1となっている。

その後に何枚も発売しているのにだ。

ようはあの曲はもはやいちアイドル曲ではなく その枠を飛び越え国民的代表曲となっていることは否めない。

 

その時のセンターが指原莉乃、 そのインパクトはかなり大きい。

未だにカラオケでは人気であの映像を目にする。

更にあの曲はいろんな企業や素人の方を巻き込んで、

YouTubeに動画アップされるなど 踊りの手軽さも含めかなり支持された事が

サッシーを大きくジャンプアップさせ、 一気に知名度を圧倒的に引き上げたのかもしれない。

 

スキャンダルをさらなる上昇の糧にする

スキャンダルをネタにするあたりの芸人ばりのセンスや メンタルの強さも彼女の強さだろう。

 

 

アイドルの中に居て、

圧倒的な芸人感として異彩を放つ事こそ 彼女の他を圧倒する「違い」であり、

彼女自身がその事を誰よりもよく知り、

完全なるセルフブランディングモノにしていること、

それこそが併せ持つ圧倒的な「強さ」へと 彼女を導いているのだろう。

最後に、

自分を知り、敵を知り、お客を知るという ビジネスで最も需要な事を彼女はあの若さで モノにしているのだから、

まさに怪物と言えるだろう。

 

売り込まないセールス設計|行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ
売り込まないセールス設計コンサルタント 安部由宇輝

安部由宇輝のfacebook 安部由宇輝のGoogle+ 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る