yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

「うまい、やすい、はやい」

と言えば、吉野家。

その吉野家に異変が?

異変と言うほどの事ではないかもしれませんが、

昨年あたりからその場で温めて作って食べる鍋メニューを仕掛けているが、

それが好調のよう。

夏でも限定鍋として

「牛バラ野菜焼定食」

という鍋メニューを夏季限定でスタート。

既に卓上コンロで温めながら食べる商品としては、

「牛すき鍋膳」「牛チゲ鍋膳」

に続き3品目。

以前、食べてみたが、

意外に価格からするとまずまずで、

普段一人では食べにくい鍋料理が手軽に食べられることも利点。

学生時代によくお世話になった吉野家で

こんなものが食べられるようになったのかと

新鮮な感覚だったことも記憶に新しい。

「早さ」を起点にご飯もののファストフード店としての吉野家が、

出来上がるまでを楽しむ遅さを「ゆっくり」という新しいテーマで、

ファミリーや早さ、牛丼だけでない新規顧客の開拓が出来ているのもうなずけますね。

本業の牛丼の方はすき家に押され気味ですが、

こういった商品で差別化し、

また違った意味でファストフード店の活性化と巻き返しを期待したいものです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る