異業種から学ぶ過当競争が無くなる売り方事例集

絆やつながりのあるペア企画で単価UP?


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

MERY 親子Tシャツ

MERY 親子Tシャツ

 

「ペア企画で差をつけろ?」

今回は筆者が最も関わりの深かったファッション関係の話題を1つ。

お隣、韓国では今ペアルックがブームとして当たり前だが、

日本でも何十年か振りにペアルックがオシャレ度を増し、人気なのはご存知だろうか?

ペアルックと言っても恋人同士、夫婦、親子、兄弟、お友達など色々と考えられるが、

普通に同じのを着るだけだとダサくなる場合も多く、

様々なアイデアでペアルックを楽しんでいると言う意味では、

数十年前のペアルックブームと比べオシャレ度では雲泥の差。

と言ってもファッションの進化をお話したいのてはありません。

このペアルックもシーンや絆などを上手く価値提供すると

また、新たな需要喚起や客単価のアップまで出来たりします。

やり方しだいでは効果も大きく、

筆者も昔よく親子のペアルックを企画販売したが、

単価アップはもちろん新しいニーズの掘り起こしも出来る使える企画でした。

それが、今更に進化し、写真のTシャツように横並びで絵が完成したり、つながっていたりして、

面白いし、単なる親子ペアやペアルックとは違い、

よりオシャレ度も高く感じるのも魅力。

この会社はMERYというアパレル会社だが、

ありそうでないこの企画、考えようによっては

色々なモノに変換出来ると思います。

親子でその商品を買うことで何かが完成したり、

集める楽しさがあったりするだけで、

インパクトもあり、新しいものに感じられますし

買い物が楽しくなるので、興味ももたれやすいのではないかと思います。

少子化の今だからこそ家族で楽しめるエッセンスや絆をうまく取り入れることは、

効果大とも言えるでしょう。

もちろん、親子だけでなく、カップルや友達同士も同様です。

この手法は単価upは勿論のこと、

需要喚起も出来る一石二鳥の手法ともいえますね。

MERY 親子Tシャツ

MERY 親子Tシャツ

 

商品はあるが売り方わからない方向けの記事

不毛な価格競争から脱却するためには?
「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
信頼獲得と大きな利益を作るには?
商品はあるが、売り方や魅力的な伝え方が分からない時に使える「ある質問」とは?
これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?

ホームページ向上委員会の記事一覧

ホームページを含めてウェブは、活用できれば大きな力になりますが、活かし方がわからなければ単なる置物です。良い商品、サービスをお持ちでも、お客様に情報が伝わらなければ、無いのと一緒です。
ではどうすれば良いのでしょうか?あなたのホームページやブログがお客様に見つけてもらい、信頼をされ、次の行動に移っていただくための具体的なやり方をこちらで乗せています。もちろんSNSの活用法も。

・検索を知る-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話-前編
・ホームページ制作会社を知る-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話-中編
・サイト運営について-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話-後編
・ウェブ版売り込まないマーケティング戦略の為の3つのポイント
・ホームページ・ブログに人を集める基本形はこの3種類

 

ご案内


この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
⇒ このブログは人気ブログランキングで今何位?クリックして応援する
⇒   ブログ村では今何位?クリックして応援する

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネス向上委員会とは?

ar

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

売り込まないセールス・集客設計のツイート

ビジネス向上委員会とは?

PAGE TOP