キャッシュポイントが1つでいい職業と複数持った方がいい職業の違いとは?


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

【長期的に見て(おおよそ10年以上は)同じものを使い続けられるスキルを考えてみた】
凡人が上手に生き抜く方法。ともいえます。

仕事をするにしても、プライベートにしても、何らかのスキルがあるとより充実するでしょう。
もちろん仕事だけで考えると、なるべく複数のスキルを組み合わせたほうが、よりチャンスを掴むことや、変化への対応が可能になると思います。 1本だけのスキルで生き残り続けることが難しいからです。複数のスキルを備えていれば、どれかが使えなくなったとしても、他のスキルが補ってくれることがあるでしょう。

医療や、凄腕のトレーダーならば、1本のスキルだけでいけるでしょうが。 そこまでのスキルってなかなか身につけられない。

さらに長期間同じものを使い続けられるスキルというものもなかなかない。

テクノロジーの進歩によって使えなくなってしまうスキルは、あまり好ましいとは言えないでしょう。
かつては専門的知識がなければ作ることが難しかったものや、できなかった事は、テクノロジーの進歩によって簡単になってしまうからです。

例えば、ホームページは、20年前は専門的な知識がなければ作ることができなかったが、今ではちょっと調べれば素人でも簡単にできてしまう。

ホームページを作る自体のスキルは、テクノロジーの進歩によってあまり価値のないものになってしまうのです。

ただ、ホームページから何かの商品を販売できる。
アフィリエイトの広告料だけで生活ができる位のアクセスを獲得できるブログを作る。このようなものは、有用なスキルでしょう。
そのジャンルの中でも、何を達成するのかによって、有用なものと価値がなくなるものとが別れます。
現在有用なものが、テクノロジーの進歩によって、価値がなくならない事が重要です。

有用なスキルを列挙すると

・語学
(これから市場が広がる、もしくは使う人数の多い語学は有用でしょう)

・友達作りのスキル
(非常に有用な情報は、ウェブ上からではなく、リアルのつながりで得られると思っています。ですから人と繋がれる、友達作りのスキルは、1次情報や有用な情報を掴むために必須のスキルだと思います)

・営業のスキル
(商売を構築していくときに営業のスキルがとても役に立ちます。 どんなにスキルが高かったとしても、営業のスキルがなければ、商売を構築することが難しい)

・トレンドをつかむスキル

・商品をホームページや楽天・アマゾンなどで売るスキル

・ブログをメディア化し、たくさんのアクセスを獲得できるSEOに関するスキル
(集客サイト、アフィリエイトサイトなどにも応用が利く)

・DIYのスキル
(DIYのスキルは他と違い特殊で、学んだ直後に数万円、数十万円。ときには数百万円ののリターンを獲得することができる。)
・広告を上手に活用するスキル

などなど

大事なのは、複数のスキルをいくつもつなげて輪にすることです。
複数のスキルをつなぎでおくメリットは先ほども書きましたが
1、変化に強くなる
2、様々なスキルがあると、その中で食べていけるという安心感
3、可能性が広がる
4、やりたいことを低コストで行える

例えばリフォームやきちんと集客できるホームページ作成は業者に任せればある程度高いお金を取られますが、DIYや自分でホームページを構築する技術があれば、やりたいことを低コストでおこないます。
さらに各分野のスキルと知識があれば、他の人が気づかないポイントに気がつくことができます。

自分の力ですぐに動くことができるので変化にも強くなりやすい。変化への対応策を他人任せにせずに行えるからです。
変化に強ければそれだけ、何らかの需要を掴むことができる。つまり食べていくことができるということです。

ちなみに、
語学と、ホームページ(ブログ)の活用はかなり使えると思います。

ウェブの最大のメリットは、世界中と繋がれるということです。

私はウェブについてはある程度覚えがありますが、語学に関してはリスニングとリーディングはNBAをとMLBを視聴するからある程度はできますが、ライティングとスピーキングができない。

できれば同時通訳ができる位のレベルであると、より語学とウェブを活用することができるでしょう。
海外の優れた情報を日本語に翻訳するだけでかなり有用です。それに経済や医療などの分野は日本より海外の方が情報が充実しているからです。

日本はまだまだ、語学に対する参入障壁が高いと思います。特に、専門分野になればなるほど、参入障壁が高いので、語学と情報発信の上手さで持って、その分野の第一人者になれる可能性が高いと思われます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る