成約の為のウェブの使い方

サイト運営について-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話(後編)


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

サイトを知る

サイトを知る

知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話も最後の後編となりました。
後編では、怖い話と言うよりは、
知って得する、知って活かせるお話をしていきます。

中編でサイトは作って終わりではない、
作ってからがスタートですとお話しましたが、

だからこそ、可能な限りサイト運営は自身(自社)でやることをお勧めします。

 

まず、前編でもお話しましたが、

ワード検索を意識したサイト運営を心掛けなければなりません。

検索されると言うことは、
まず見つけてもらう為の戦略が必要です。

 
それにはこのサイトでもシリーズでお伝えしてますが、
市場性を見つけ、どう差別化出来るかを分析し、
あなたの強さも違いを導き出さなければなりません。

そのうえでブランディング上のキラーワード選定などをする必要があります。

そして、
サイトに訪れてもらう為に必要なことは売り込みではなく、
そのサイトが情報提供をメインとしたメディア化すること、。


メディア的要素が高ければ高いほど必要とされ、再訪問の機会も増えます。

単に商品を売り込む、紹介するだけではダメなんです。

大手の手の届かない情報などを提供していくこと、
それこそが大手との差別化にもなります。

更に更新を心掛けるという事です。
有益な情報のこまめな更新は信頼を築くには最良です。

サイトで信頼をいかに得るか、
ここが重要なポイントになります。

信頼を勝ち取ることが出来ると、あなたから商品を買いやすくなります。

更に今はサイト内で多く回遊するサイトの方が
Googleからも評価される傾向にあります。

だからこそ、
内部リンクを戦略的に展開していくのです。

我々のサイトでもそれを戦略的に取り入れることで、
サイトの1人あたりの閲覧ページが1~2ページから6~7ページにまで大幅アップ。
おおよそ3~5倍近い伸び、これは想像以上に効果絶大でした。
 

内部リンクの戦略的活用によりグーグルに評価されるだけではなく、
お客様との深度も深まり、信頼を得やすく最終的な成約にも導きやすくなります。
 

そして、お客様の動きを見ながら適切なゴールを臨機応変に対応していくこと。
これをこまめに分析、検証、修正していくことで、
確実に効果が現れ、成果の出るメディア型ホームページになります。

そして、
それらを自分(自社)でやっていくからこそ、
外部に頼むよりも細かに対応でき、
ポイントをつかむことができ、
より確実に成果につなげることが出来るとも言えます。

 今やSEO対策も自社で分析しながらやったほうが、確実です。
 

もう一度言いますが、我々が最もおススメするのは
自社で展開する「メディア型ホームページ」です。

※そしてこれらはワードプレスで比較的簡単に製作することができます。
(このインストールだけでも業者に頼めば10万程します)
 
最初のブランディング戦略(強さと違い作り)と
成約のための順路設計さえできてしまえば、
成果につながるホームページがいつの間にか出来上がっていることでしょう。

>>次のページ どんなキーワード(要望)で人が来ているのかを把握していない

 

「知らないと大損するWEB制作の怖ろしい話 」シリーズまとめ

1. (前編)「検索を知る」
2. (中編)「制作会社を知る」
3. (後編)「サイトを知る」

 

商品はあるが売り方わからない方向けの記事

不毛な価格競争から脱却するためには?
「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
信頼獲得と大きな利益を作るには?
商品はあるが、売り方や魅力的な伝え方が分からない時に使える「ある質問」とは?
これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?

ホームページ向上委員会の記事一覧

ホームページを含めてウェブは、活用できれば大きな力になりますが、活かし方がわからなければ単なる置物です。良い商品、サービスをお持ちでも、お客様に情報が伝わらなければ、無いのと一緒です。
ではどうすれば良いのでしょうか?あなたのホームページやブログがお客様に見つけてもらい、信頼をされ、次の行動に移っていただくための具体的なやり方をこちらで乗せています。もちろんSNSの活用法も。

・検索を知る-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話-前編
・ホームページ制作会社を知る-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話-中編
・サイト運営について-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話-後編
・ウェブ版売り込まないマーケティング戦略の為の3つのポイント
・ホームページ・ブログに人を集める基本形はこの3種類

 

ご案内


この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
⇒ このブログは人気ブログランキングで今何位?クリックして応援する
⇒   ブログ村では今何位?クリックして応援する

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネス向上委員会とは?

ar

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

売り込まないセールス・集客設計のツイート

ビジネス向上委員会とは?

PAGE TOP