ホームページ1クリックごと離脱していく確率と離脱を防ぐ方法とは?


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

ホームページに色々とクリックできるところがありますよね。
実は、クリックされることに3割ずつ、人数が少なくなっていくようです。
「ようです」という表現なのはこの3割ずつと言う数字が人から聞いた数字なので、確証は無いのですが。

ここからは自分の見解です。

ただ、どんなにある程度うまくページを作ったとしても大概最初のページで平均で5割は離脱する。

情報だけ仕入れに来るようなページだと、そのページだけ7、8割は離脱する。

という事は、最も人が見に来ているページにより次のクリックを起こさせるような、興味関心を引くような仕掛けを行うか、

もしくはクリックすらさせない。
そのページの中だけで、ゴールにまで行き着くような仕組みづくり。
問い合わせが欲しいんだったら、クリックを1回もさせずに(最後の送信ボタンは押してもらう必要ありますが)
そのページの中に興味関心を引くような内容を載せて、メールフォームを置くなり、問い合わせ先の電話番号を行する必要があるでしょう。

改めて自分の行動に置き換えてみると、よほど興味がないとあっちこっちクリックしない。特にスマートフォンだと、上下のスクロールでそのページを見ている。

クリックを多くするのは、パソコンの時ですね。自分では。

これは実際にホームページの統計を見てみると、パソコンでよく見られているホームページは、いろんな所をクリックされている。

スマートフォンでよく見られているサイトは、あっちこっちクリックされると言うよりは自分の興味や関心のあるところがあればタッチをするが、
どちらかと言うと読み込む感じがあるのか、ページ内の滞在時間が長い。

ということは結論は、
パソコンでよく見られているホームページだとクリックされてもまぁ良いが、
スマートフォンから見ている人が多いホームページは、そのページ内で完結させたほうがいいのか。
どうなんだろう。試してみようかな。

業種とか、そこの商品やコンテンツでも変わるんだろうな。
気軽なものや、気軽でないもの。高額品や、値段の安いものでも入れると変わるのだろうからどれが正解と言うのもないんだろうな。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る