商品に自身はあるが、営業になるべく力を割きたくない


商品には自信がある。提供できれば満足させるだけの質であるとはっきり言える。
ただ、こちらから出向いて営業をしたり、
売り込みにはなるべくならば力を割きたくないな、という方に向けてお送りします。

特に今まで営業したことない方や売り込みが苦手な方に、売り込まないセールスは向いています。
なぜならば、このやり方は営業が得意だとかえってできなくなってしまう方法だからです。(理由は後述)

それでは具体的にどんなものなのかお伝えしていきましょう。

さてこちらから売り込み営業をしたくないと考えるならば、どのようにして売り上げを上げていけばいいでしょうか?
答えは1つ。あちらから来ていただくお客様の方からお問い合わせなり、お買い求めに来ていただく。
この方法しかないでしょう。

 こちらが行かないならば、あちらから来てもらう

ごく単純な答えかと思いますが、これを実現するには果たしてどうすればいいのか。
細かい要素については下記にてお伝えします。
まずは、相手の方から「買わせてください」と来る状態を作り出せるとどうなるかを見ていきましょう。

 

もし相手の方から「買わせてください」
と言ってくれればこんなことができます

 

1. 値引きをしなくていい
2. 条件を有利な形で運べる、少なくとも不利な条件にはならない
3. 最初から興味を持たれた上で話を聞きに来てくれる
4. 売り込みではなく相手の相談を聞き、それに応えるようにしていくことができる(売り込みトークが必要なくなる)
5. こちらから出向く労力を減らすことができる

 

1.値引きをしなくていい
2.条件を有利な形で運べる、少なくとも不利な条件にはならない

こちらから売り込む、こちらから営業をしていくとなると、相手からしたらそこまで欲しくないけれど、条件さえよければ買うかもしれない。提供する側は条件を悪くしてでも買ってもらう場合があります。

また、こちらから売り込むとなると、どうしても値引き合戦になりがち。
値引きをしてしまうと、それだけ売上額や利益が減ってしまうため、満足のいく収入には届きにくくなります。

しかし相手の側から買いたいと来るならば、そもそも値引きをする必要ありません。
値引きをしてまで買ってもらう必要がないからです。

3.最初から興味を持たれた上で話を聞きにきてくれる
4.売り込みではなく相手の相談を聞き、それに応えるようにしていくことができる(売り込みトークが必要なくなる)

最初から興味を持ってお問い合わせをしてくれれば、こちらからするとどんなことに興味を持って聞いてくれたのか。どんな悩みや問題点があってこちらに問い合わせをしてくれたのか。それを聞いていくだけで良いのです。わざわざこちらの魅力をあれこれと営業トークをしていく必要は無い。

相手の側から興味を持ってこちらのことを聞いてくれるというので、売り込みをしなければならないというプレッシャーから解放される。これは精神衛生上とてもお勧めです。

5.こちらから出向く労力を減らすことができる

出向く労力が減らせるあちらから聞きに来てくれるので、自ら営業に行く労力を減らすことができます。
しかし大概の会社や事業者は既にお得意さんや昔ながらの付き合いがある、という理由でなかなか新規で導入してくれるところは少ないでしょう。

これとは違い、あちらから興味を持って聞いてきてくれるという事は、何か現状や将来に不満や問題があるから聞きに来てくれるという事。
あちらから来てくれれば、こちらから出向いていく労力が減るということです。
最初から既にお客さんが選定された上で、購買欲の高いお客さんと最初から接することができるということです。

 具体的にどうすればお客様の方から来てくれるのか?

 

お客様の方から来てくれる為に。
ここでお題目である売り込まないセールス、ブランディング構築の具体的なやり方についてお伝えしていきます。

売り込まないセールス、ブランディングを構築してお客様の方から来ていただく体制を作り上げるにはこの3つの条件を整えます

商品力×見せ方力(磨き方) ×ポジショニング力

商品力に関しては、これはあなたの専門分野ですので、商品自体の質に関してはお任せします。

我々が得意とするのは商品の見せ方を高めること、そしてその見せ方がより際立つようなポジショニングを獲得することです。
見せ方とポジショニングについて一つ一つ説明していきましょう。

 見せ方

見せ方とは、お客様から見て、あなたがどう見えるかを考えます。
結局のところお客様は、自分のためにそれがどれだけ良いものなのか?
どんな問題を解決してくるのか?

これが重要です。

あなたもそうですよね?

お金を使うならば、それでどれだけ良いことが起こるのかを考えながら商品を選ぶでしょうし。
食事では、味を優先するならばなるべく自分の好みの食べ物を選ぶでしょうし。
健康を優先するならば、健康を優先した上でどんなことが起こるのかを考えて選ぶでしょう。

あなたの商品は、適切なお客様に、適切な見せ方にできれば選んでくれやすくなります。その見せ方をどのようにするのか。
これがブランディング作りにとても大切な要素です。

 ポジショニング力

ポジショニング力とは、
需要のある、市場性のある中であなたがどんな立ち位置で商売をするのか。情報発信をしていくのか、というものです。

今では誰もがインターネットなどを使って簡単に情報発信ができる時代になりました。
そのためお客様からしたら何を選んでいいのかが分かりにくい。

価格.comなどを見てみると、同じような商品が、価格でもって比較されている。
売り手の側からしたら、他と比べてこんだけこれだけ違うものなんだよと視聴しているかもしれませんが、結局のところ見比べてみるとあまり客の側からするとあまり差はわからない。

ブランディングを構築するならば、価格だけで選ばれてはダメなのです。
特に資金力の乏しい個人事業主は、価格競争などもっての他でしょう。

 

これらができていなければ、営業をせずに、
お客様の方から来ていただく事は難しい

 

最終的にお客様から来てくれる体制、ブランディングを構築するためには、
あなたの商品やサービスの強さと違いが明確になっているいなければなりません。
そして、お客様に伝わるような見せ方になっているのか。
これらができていなければ、営業をせずに、お客様の方から来ていただく事は難しいでしょう。

 

ただ、実際にお客様の方から来ていただく体制を作り。ブランディング構築できてしまえば、 商売はどんどん楽なものになっていきます。何せ、自分にとって来ていただきたいお客様が多く来てくれる。そして、出来ればちょっとお断りしたいなという方からは、話が来ないような状態にできるからです。

例えて言うと高級ブランドのバックを売っている店。
このようなお店は、来ていただきたい方にだけ来る体制を作り上げている。誰でもウェルカムの状態ではありません。
入口のドアボーイなどで入りにくさを演出しています。

あまり来ていただくなくても良いなという方は雰囲気に圧倒されて、そもそもお店に入ることもしないでしょう。

高級ブランドは、明らかにお客様を選定しています。
選定した上で、来て欲しいお客様、来て欲しくないお客様をはっきりと分け、
欲しいお客様にだけ来てくれるような体制作りを作り上げています。

 「営業が苦手」だから売り込まないセールスが出来る

 

営業が得意ですと、自分からお客様に売り込んでいくということができてしまいます。
売り込まないセールス、ブランディング構築と言うのはお客様の方から来ていただくと言うやり方。
つまり受け身なのです。

そのため、自分から営業しに行くことが得意ですと、真逆のことをしなければならなくなるため、どっちつかずになってしまう。

そのため営業が得意な方は、売り込まないセールスを行おうとするとかえってパフォーマンスが悪くなってしまう。

売り込まないセールス、ブランディング構築は、お客様のタイミングで、好きな時に来てくれればいいよ。
このぐらいの気概が必要なのです。

ただお客様の方から来てくれるわけですから、それだけ条件の良い形でことを進めることができると言うわけです。

売り込まないセールスと、売り込み営業は、同時に行う事は難しい。
ただ、セールスが苦手でも、お客様から選んでいただけるようできるので、
セールスなるべくならやりたくない、売り込みは苦手だなという方には向いているというわけです。

なにせ、売り込まないセールスに方向性を定めたら売り込む営業をやってはいけなくなるわけですから。

いっそのことやらなくてもいいと思うと気持ちがすごく晴れやかになるでしょう。
これが実現できると、商売はすごく楽になってきます。

 

 あなたの時間と労力を無駄にしない為に

 

個人事業主もしくは中小企業の事業者であるならば、無駄な時間ばかりとられて、成約にも売上にも何も結びつかない時間を過ごすのは、良い状態とは言えないでしょう。

何しろ時間は有限ですし、あなたの今までの経験や知恵を、無為な時間に使うのはすごくもったいない。

これは私とお付き合いのある経営者の方からいつも聞かされているのですが、
その方は現在50歳代後半。
体があまり強い方ではないので、現役でいられる期間もあと少ししかないだろうなと言う感じなのだそうです。

どんなに長く現役をやれていたとしてもあと5、6年ほど。だとすると、あと2,000日ほどしか活動できる期間がない。
だから1日1日がとても大切になる。

そのためその1日でも無駄にするという事はできれば避けたい。

意味のない、無為な時間を過ごす事は耐えられない。
残りの時間を有効に使っていきたい。 だから自分が貢献できる方々と方々に多く時間を割くにはどうすれば良いのか。

自分が貢献できる方に来ていただく

 

その為ブランディングをしっかりと作り、
こちらから営業せずに、有意義な方だけしていただくような体制を、その会社の社長さんは私と共に実際に作り上げたというわけです。

このような有意義な時間を過ごすために、ブランディング構築を一緒に行ってみませんか?
もしお話を聞いてみたいという方はこちらからお聞きします。

 

話を聞くのはちょっと早いけれど、
まずはブランディング構築方法などを学んでみたいかな、という方はこちらをお読みいただくと良いでしょう。

 

PAGE TOP