プレスリリース作成法|新聞テレビ・マスコミ取材に採用される為の


 

そもそもプレスリリースって、大企業が使うものなんじゃないの?
いえいえそんなことはありません。
実は中小企業がプレスリリースを有効に活用し、新聞やテレビメディアなどに採用されると
その新聞やテレビメディアの集客力や、信頼性を借りることができます。

ただし、ただしですよ。
中小企業は、プレスリリースを行いマスメディアに掲載されるためには、
大企業のやり方とは違う、気をつけるべきポイントがあります。

このポイントに気をつけなければ、中小企業が発行するプレスリリースを記者が読んで、マスメディアに情報を載せてもらうと言う事は難しいでしょう。
しかし、あるポイントをクリアすれば、時間、手間、お金をかけずに集客力をアップさせることが可能になります。

見落としがちですが、実はとある単純なポイントが、新聞やテレビメディアに採用される採用されない、の分かれ道になっています。

さらに、もう一つ押さえておかなければならない点があります。
プレスリリースを使ってマスメディアに掲載されると集客力はアップします。

購入やお問い合わせは渡渡増えますが、あまりにもお客様が来すぎて対応できなくなってしまう場合があります。
これは逆にクレームになってしまったり、信頼を落としてしまう結果につながる可能性があります。

プレスリリースは有効活用すれば強力な武器にもなりますが、
大成功することを想定していないと、両刃の剣にもなってしまうのです。

この動画コンテンツでは、お客様が来すぎて対応できないということを想定した対応方法も併せてお伝えしています。

 

こちらの情報をうまく伝えることができれば、
自分たちの商売をより発展させていくこともできますし、
マスメディアの方々にとっては、より良い情報を提供できれば有益ですし、
何より、自力では出会うことができなかった方々にあなたの提供する商品やサービスをお伝えすることができるのです。

まさにプレスリリースを有効に活用するスキルを身に付けるということは、
誰に対してもプラスですし。社会にとっては三方よしの要素になり得るのです。

なかなか自力だけで集客をしていくというのは大変です。
もちろん自力も大切ですが、同時並行で他力を使うというのは、自分たちの負担を軽くしていくためにも大切な要素です。

この動画コンテンツを使って、一緒に商売を発展させて行きませんか?
動画の中でぜひお会いできればと思います。

動画コンテンツ目次

PRと広告の違いとは?
PRとはそもそも何か? PRとは「○○」である
企画はどう作ればいいのか?記者には種類があるテレビ、新聞、どこのメディアに出したら良いのか?
PRと広告は何が違うのか?
PR 21世紀のパターン
新聞、大きく分けると4種類ある
嫌われるPRの出し方
どの新聞、テレビメディアに出したら良いのか判断のポイントとは?
自分が来たらどんなワードがあれば取り上げるのかと言うワーク。
伝える時代は終わった。では今は何の時代か?
企画のうまいPRは取り上げられる。ではどう企画すればよい?
これがホームページにあるとPRは取り上げられやすくなる
Yahoo! ニュースにブログ記事を採用される方法
こちらの情報の受け手を誰にするか、記者の分類方法
取り上げられやすいネタ5種類
これをオーケーにすると取材されやすい:タイアップ広告:貸出オーケー
オーケーの続き
具体的にPRを書く順番、600,000円クラスの掲載枠を無料で取り上げられる方法A
確実に行くなら、あなたのPRはどこに出すと良いのか PRを出すターゲットの明確化
要注意、PRが上手くいきすぎる時のデメリットとは。PR、採用されないときの修正方法
ほぼ確実にPRを記者に見てもらう方法
これがないとメディアは絶対に取り上げてくれない
PRが上手く、参考になる企業など紹介A
実績がなくてもプレスリリースを出すには?

 

特典情報

後日発表

マスコミ採用履歴

 

講師プロフィール

 

PAGE TOP