売り込まないセールス設計

ブログSNSで情報発信をするときにこの2つを決めて下さい


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話
経営者の為のブランディングの作り方

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0sns%e3%81%a7%e6%83%85%e5%a0%b1%e7%99%ba%e4%bf%a1%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%ab%e3%81%93%e3%81%ae2%e3%81%a4%e3%82%92%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%81%a6

→ 本講座生、ブランディングコンプリート講座生にお知らせします
 
この話は大学生の時に行政学の講義で習ったことで、今でも私が使っています。
その講義で話していた教授は、橋本龍太郎氏が総理大臣になり、行政改革を行うときにらどういう方針で行っていくのかという話を直接聞いた中にあった事だそうな。

これは情報の出し方において、すごく大事なものになっていて、
特にブランディングイメージ、
人からどういう風に思われるのか?
ということを意識するときにこれを使っていきます。

具体的にどういうものか。

・出す情報をどのようにするのか

ということを決めると同時に

・何の情報を出さないのか

ということを決めるということです。

ブログの書き方で言い換えると
何を書くのかということを決めると同時に
何を書かないのかを決めるという事でもあります。

例えば私がインターネットや、ウェブ戦略について語る事は問題ないですが、 私が店舗ビジネスについて事細かく語ると言うのは、イメージと違う。

リアル店舗の事を語るなら、安部が語るならば全く問題ありませんが、私が語るとなるとお門違い。越権行為になります。

言われてみると当たり前かもしれませんが、これは意外と私がFacebookやブログを見ていると、やられている方が多く見受けられます。

その人のジャンルでは無いことを語ってしまっているとしかもそれが自信満々だと、
かえって本業のイメージが損われることになってしまいます。

自信満々にもし間違っていることを言ってしまっていたとしたら、本業のイメージも同時に崩れてしまいかねません。

情報を発信していくのは全く構いませんが何の情報を出すのかということと同時に何の情報出さないのかこれを決めておきましょう。

成約設計ウェブマスター
山崎裕之

 

商品はあるが
売り方わからない方向けの記事

不毛な価格競争から脱却するためには?
「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
信頼獲得と大きな利益を作るには?
商品はあるが、売り方や魅力的な伝え方が分からない時に使える「ある質問」とは?
これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?

個人事業主向けの記事 

まだ実績が無い個人事業主の最初の実績の作り方と顧客獲得の仕方
個人事業主の方へ:Facebookで信頼を落とす書き込み内容とは?
起業したが売上に繋がらない9つの特徴とは?

交流会の会話の中で最も重要な要素は何か?
個人事業主で商品が無い場合の問題点と対処法とは?

この状態ではセミナーに行ってはいけない7つの特徴

ご案内


この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
⇒ このブログは人気ブログランキングで今何位?クリックして応援する
⇒   ブログ村では今何位?クリックして応援する

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP