売り込まないセールス設計

無名のブログの記事がYahoo!ニュースに掲載された理由を紐解いていく

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9

講座生のブログ記事がYahoo!ニュースに採用され
3万人が押し寄せた

→本講座生、ブランディングコンプリート講座生にお伝えします。
せっかくブログを書くのですから、ここを狙っていきましょう。 一気にアクセスを獲得するだけでなく、継続的なアクセス獲得にもつながります。
たくさんの人が来ることによってそのドメイン自体が優良であるとみなされるのでしょう。 このドメイン自体が検索にかかりやすくなります。

この考え方はSNSでシェアをされて、拡散されるといったケースにも使えるでしょう。

昨年の12月6日に、我々がコンサルをさせていただいている方の、このブログ記事が、Yahoo!ニュースに掲載されました。

それまでこのブログは、月間アクセスユーザ数が1000人行かないブログでした。

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9

しかしYahoo!ニュースに掲載されることによって掲載後、2、3日で約3万2,000人の方がこのサイトに閲覧しに来ました。
(現在は、週間約5000~6000人が閲覧。 アクセスにあらず。 アクセスは1人の人が何回もリロードすることによって増やせる)

ヤフーニュースに「暑さ寒さに強い人と弱い人の差をつくる要因」掲載されました2015年12月6日(日)
http://drug.tokyo.jp/archives/2013

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ab%e6%8e%b2%e8%bc%89%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f

その記事
暑さ寒さに強い人と弱い人の差をつくる要因
http://drug.tokyo.jp/archives/375

 

このブログは、とにかく信憑性のある、一時情報を元に書かれている。 今、医療関係の間でかなり話題になってきているブログです。

毎月の更新頻度がそうでもなくても、自動的に月間10%から20%ぐらいは自動的に検索による閲覧ユーザー数が増えるようになってきました。
(毎日更新しても、適当な更新をしていると、自動的に閲覧数は伸びない)

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%a8%e8%a8%98%e9%8c%b2%ef%bc%92

アクセス数の上昇の自動化、更新は少なくなっても自動化されているとアクセスは安定、右肩上がりになる

巷に溢れている薬や健康に関する情報が、あまりにもひどいものが多い。 一次情報ではなく誰かの声や都合の良い情報がネットに出回っている。

それに対して、このサイトの趣旨は、そんないい加減な情報ではなく、プロの薬剤師として一次情報を元に信頼性のある情報を発信していくということを行っています。

そしてこのサイトを軸に、様々な事業を展開していくといった方向です。 なのでまずサイトの信頼性と集客力を高めるのを今回は優先しました。

このサイトの集客力を高めたポイントは、とにかく専門性の高い所に特化していくこと。 タイトルもアクセスを考えながらどのようなものにしていこうかというのは、何度となくアクセスの状況を見ながら構築していきました。

※講座生には、アクセス獲得のための手法もお伝えしています。

 

ここから本題です
なぜYahoo!にこの記事が採用されたのかというと

ポイントはいつもお伝えしているタイミングをつかんでいたから。時事ネタとして採用されたのです。

当時この時期から急に気温が冷え込んできました。 寒さを強烈に感じるようになってきた時期だったのです。

その時にタイトル付けが良かったと言う事と専門性に特化していたと言うことでYahoo!はこの記事を採用したのでしょう。

するともともと検索にかかりやすいようなタイトル付けてあったので、Yahoo!の記事採用スタッフも、このブログ記事を見つけやすかったのでしょう。

まとめるとこのような方程式が描けます。

検索のかかりやすさ×時事ネタのタイミング×専門性=Yahooの記事に採用

これがこの記事がYahoo!ニュースに採用された理由ではないかと考えています。

 

 結論です

ブログ記事は、誰かに使用されることを前提に考えてみる。 どこかのニュースサイトに採用されることを考えながら書いてみてもいいでしょう。

その場合採用される確率が高まるのは時事ネタタイミングがピッタリ合うもの。
そして専門性が高く、その上でわかりやすいもの。

また記事を採用される必要があるためそもそもその記事が見られていないといけない。
だからその記事が見つけてもらえる状態でないとならない。
だからこそタイトルを気にして誰かに見つけてもらえるような、検索にかかりやすいタイトルになっている事。

ここら辺が重要です。
検索にかかりやすくなるようなタイトル付けを行うやり方。
調査方法がわからなくなってしまった場合、いつもの個別チャットにてお知らせ下さい。

 

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?【失敗しないホームペ…
  2. 「マーケティング」を一言で言うと?そのシンプルな意味・答えとは?
  3. 商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかす…
  4. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  5. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP