売り込まないセールス設計

「商売と職人」のバランスの取り方 京都の親戚の実話


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

140728%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%82%92%e8%a3%8f%e5%81%b4%e3%81%8b%e3%82%89-1

 商売と職人 のバランスの取り方

商売っ気が強くなると商品のクオリティー向上から遠ざかると言う事態があり
職人っ気が強くなりすぎると商売っ気からは離れていく

職人っ気が強いと「良いものなのに売れない」という事態が発生してしまう。由々しき問題です。

 

どうすればいいのか解決策を考えてみる

筆者の親戚の半分は京都の人々なのですが、四條にお店を出しています。 現在で6代目。

私の祖母の祖父母世代。 つまり祖母の祖父と祖母は、うまく職人と商売人のバランスをとっていた。

 

 商売人と職人の役割を明確に分けていた

どのようなものだったのかと言うと

現在では業態を変えましたが、当時は旅館に料理を出す仕出し屋だった。

その仕出し屋の料理を作るのが旦那さん(職人)

会計やお店の切り盛りをするのが奥さん(商売人)

じいさんは新メニューを作るときに、必ず旦那さんに
「これを新しく作りたいのだけれども、大体費用これぐらいかかるんだけども出していい?」

と相談していたそうだ。

許可が出たら新しくメニューに加わる。

職人と商売人とで役割を分担してお店を切り盛りしていたようです。(残念ながら戦争で丁稚さんが全員いなくなってしまったために、業態を変えざるを得なくなったようです)

うまく職人と商売人と、役割分担をしてお互いの力がうまく組み合わせるな形ができると、商売の地盤がしっかりと固まるようですね。

※それにしても京都の古くからある事業継承システムはほんとに盤石な形でした。 今では崩れてしまいましたが。

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

 

商品はあるが売り方わからない方向けの記事

不毛な価格競争から脱却するためには?
「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
信頼獲得と大きな利益を作るには?
商品はあるが、売り方や魅力的な伝え方が分からない時に使える「ある質問」とは?
これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?

ホームページ向上委員会の記事一覧

ホームページを含めてウェブは、活用できれば大きな力になりますが、活かし方がわからなければ単なる置物です。良い商品、サービスをお持ちでも、お客様に情報が伝わらなければ、無いのと一緒です。
ではどうすれば良いのでしょうか?あなたのホームページやブログがお客様に見つけてもらい、信頼をされ、次の行動に移っていただくための具体的なやり方をこちらで乗せています。もちろんSNSの活用法も。

・検索を知る-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話-前編
・ホームページ制作会社を知る-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話-中編
・サイト運営について-知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話-後編
・ウェブ版売り込まないマーケティング戦略の為の3つのポイント
・ホームページ・ブログに人を集める基本形はこの3種類

 

ご案内


この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
⇒ このブログは人気ブログランキングで今何位?クリックして応援する
⇒   ブログ村では今何位?クリックして応援する

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネス向上委員会とは?

ar

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

売り込まないセールス・集客設計のツイート

ビジネス向上委員会とは?

PAGE TOP