yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

WEB戦略とリアル集客ハイブリッドマーケティングの安部です。

 

おねだりと言っても、芸人「おねだり豊」ではありません。

今日、取り上げるのは大変おもしろいWEB戦略です。

下着業界2位のトリンプが展開する通販サイト「desir」の

「おねだり機能」ごぞんじですか?

男性は中々見ることはないかもしれませんが、一度ご覧になってください。

下着メーカーのサイトなのでデザインも含めセクシーなのは勿論だが、

隅々に購買を喚起させる工夫あってマジで

すごいんです(川平慈英風)

例えば、これまでのプレゼントキャンペーンの一つに

「ミニボックスティッシュ+オリジナルスキン」のセットがあったり(今は別の企画)、

何て破廉恥なというかダイレクトな(笑)

更に、今はなくなってしまったが、

「ドキドキSEXY体験談」というのもあって、この体験談など通常の販売サイトを見ているとは思えないほどの過激な内容でした。

そして、注目というか問題の「おねだり機能」

簡単にというと、女性が好きな下着を選び、おねだりボタンを選択すると男性(彼氏やお目当ての人)にメールが届き買ってもらうというもの。

要は、男性にとって断りにくいのだ。

なぜ?

おねだりされた男の方は当然下着のおねだりなので、

その下着姿や色々な妄想もふくらんで、心も弾んでもはや中々断れないどころか買いたいとまで思うかもしれません。

ましてやまだ彼氏でもない男の場合、このおねだりはヤバいオファーであることは間違いない。

それを証明するかのごとく同サイトによると8割の男がこの機能で購入に至るのだからものすごいコンバージョン率です。

気に入った商品を本人が選び、決済は彼氏やお目当ての男にさせる仕組みなのだから見事ですね。

セミナーでもお話させていただく事が多いが、

これはマネーシェアという方法で、

男性のスケベ心をくすぐりつつ、男性の財布をシェアして購入につなげる文句の言いようのないWEB戦略であることは間違いないでしょう。

2年ほど前にレディースショップでこれに似たことを提案して最終的には実現しなかったが、

こういったマネーシェアは是非皆様のビジネスにも取り入れて頂きたい施策であると言えます。

トリンプはこれを2003年からやっているというのだから、本当にすごいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る