失敗しないホームページ・ブログ診断

ホームページ上で必要性と信頼性を読み手に抱かせる方法【失敗しないホームページ・ブログ診断③】

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi 初めてこのサイトに 来た方はまず「ビジネス戦略の基礎シリーズ(全5話)」をお読みください

 

 

必要性と信頼性の感じさせ方

必要性は何で感じるのか?必要性を感じさせるポイントは、この2つです

1、タイミングを掴む

2、結論を決めて何度も訴える

 

 1、タイミングを掴む

タイミングを掴むとはお客様の欲しがるタイミングにあったタイトルだったり商品名であったりキャッチコピーであったり
それが文章であったり画像のサムネイルであったりバナー広告が、ちょうど欲しいタイミングにお客様が目にする時に、欲しくなる。購入したくなることです。

世の中ではキャッチコピーが全てだと言われていたりもするがそのキャッチコピーもお客様が丁度欲しがるタイミングに出現していなければスルーされてしまう。

同じ記事や動画でも、タイミングを間違えると、アクセスも60分の1まで落ち込んでしまうこともある。というのはこの記事にも書きましたが。
これは実際に私が全く同じタイトル全く同じサムネイル(画像)でアクセスを取ろうとしたが、タイミングを間違えてしまうと、人は関心を持ってはくれない。

タイミングが大事だと言う話を1つ私の実体験でお話ししよう。

今セミナー等の動画はiPhoneで撮影しているが、iPhoneはマイクの構造が特殊なため、通常のマイクだとうまく録音ができない。 そこでiPhoneで撮影するときに録音できるマイクがないかと探したところ、iPhone用のマイクというものがあった。 大概の家電製品というものは、型番であったりブランド名しか名前がつけられていないことが多いが。このようにちょうどiPhone用のマイクが欲しい時にiPhone用のマイクという商品名がキャッチコピーで名付けられていたとしたら、それは欲しくなる。

 普段であれば、たとえiPhone用のマイクだったとしても欲しいとはならないが。その時はiPhoneで動画を撮影したときに、音声の雑音と気になると指摘されたので欲しくなったというわけです。 そしてそのタイミングでiPhoneで使えるマイクを検索したときにちょうどiPhone用のマイクがあった。

このようにタイミングが一発で欲しいとなる、購入してもらえるというのは、手段1つですが。もう1つ方法があります。

次の方法の特徴は、今のところ必要だという認識がない。それが大事だという文化がない時に使える方法です。  今現在すごくマイナーで、なかなか必要とされていない、見向きもされていない時に、この手段は使えます。

このやり方は即効性は無いです。 しかし時間と出していった情報を出していった数量が積み重なってくると、とても大きな効果を発揮していきます。このやり方は特にブログやられている方には有効です。

 

 2、結論を決めて何度も訴えかける

これも実例をお話しします。 先に実例をお話しした上で、これを自分たちに使うとどのようなやり方になるのかという流れで説明します。

とある株式投資の商材及びレポートで、私と友人の例

私の例

とあるサイトから、「長期的に見投資戦略」の商材を買いました。価格は3万円。 この商材は、いっぱつでこれいいなと思ったものではなく何度も何度もそのブログの文章を読んでいるうちに必要なんだな欲しいなと思うに至ったものです。

もともと私は、そこのブログで訴えられていた事を大事だとは思ってはいませんでした。 しかしそのブログで何度も何度もこれが大事だと、訴えられたために買ったのです。

ここで繰り返し訴えがけられているのは。
「短期的な視点を捨てて長期的な戦略をしませんか」というもの。

つまり短期であれこれ投機を行うよではなくて、長期的に最終的に勝っていればいいでしょという考え方。 どの記事を読んでも大概の結論はそこに落とし込まれていて、そして
その結論をさらに深掘りし重要な情報だとされている商品が、そのブログの毎回の記事の1番下につけられている。

この記事の下に訴えかけていることは、

「長期的な視点で行動しましょう」

「短期的にあれこれやるよりも、長期的にあって最終的に生き残っていればいい」

「長期的にやってきたその人自身の成果がこのような形で、短期的な視点だとどうなってしまうのか」

「長期的にやろうとすると、どのようなことになるのか」

ということを様々な視点で繰り返し繰り返し、

長期的にやりましょうという結論を訴えかけている。

そして私は、長期的な視点を持って最終的に生き残るには?というとこに興味を持ち、購入をした。
次は友人の例
 
これは全く逆のもので、短期の投機の商材

短期の取引でどのようにやって生き残っていくのかということを述べている商材であるが。その商材を販売しているブログはこのようなことを結論として常に訴えかけている。
(商材の値段はピンキリで10万円前後から高いやつだと30万円ほど)

訴えかけている結論は大体この4つ

1、記録をとりなさい統計を自分で取りなさい
2、損は早めにきり利益を引き延ばす
3、100回、1000回、10000回とこなして、あっちこっち上下しないメンタルを作り上げる

4、長期投資はばかばかしい。短期で何度も回転させたほうがより儲かる。

この4つの結論を常に常に語り続けていく。それにより、この4つの結論が必要なんだろうなという考えを、読み手に浸透させる。

 

まとめ:ホームページ上で必要性と信頼性を読み手に抱かせる方法

必要性というのは、その時、そのタイミングで欲しいと思うときに、そのタイミングで自分の目の前にその物事がある。 それかもしくは、必要性が何度も何度も同じ結論で浸透された時に必要と感じる。

常に同じ結論という事は、その結論を一貫させていく必要があるということです。

大事なのでもう一度、結論は一貫させていくこと一貫性が大事。 あっちこっちに結論がブレてはいけない。

何度も何度も繰り返し同じ結論を一貫して述べていく。

そうして何度も何度も読み手は同じ結論に触れていると、そこにだんだんと必要性が芽生え、信頼性も生まれてくる。 信頼性とは、作り上げる手段は沢山ありますが、最も信頼性を築きやすい手段は接触頻度を増やすこと。

それも相手からしたら嫌味にならない、邪魔だと思われないような形で、接触頻度を高めるという事。
相手からしたら「うざい」と思われるような接触は信頼性を逆に損ねてしまう。 どのようにしたらお客様の側から見たら信頼性が高まるような接触ができるのか?
それも繰り返し繰り返しできるのか。

ちなみに私はタイミングがパチンと会って必要とされる告知を、「一発発信 」と名付けています。
何度も繰り返し繰り返し積み重ねていく告知を「 積立発信 」と呼んでいます。
ちなみに日本人は、 「 積立発信 」 が情報を発信する側、情報を受け取る側にも向いていると考えています。
なぜ 「 積立発信 」 が日本人に向いているのか。 「一発発信」 「 積立発信 」 のメリット、デメリットは次回にお伝えしていきます。
(どちらもメリットデメリットがあるのです。 安易に行うのは非常におすすめしません。 なぜなら市場性を見据えた上で、きちんとリサーチをしながら行う必要があるからです。 特に 「 積立 発信 」 のやり方は非常に論理的な考え方と感情的な考え方の2つを要するので) 

>>次のページ 日本人に合ったウェブ戦略

 

>>前のページ 改善に必須の3つの視点

 

hymkimg011

 

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura  

まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

「マーケティング」を一言で言うなら?そのシンプルな答えとは?
『マーケティング戦略に一番重要なもの』意外に見落としがちな盲点①
『警告!マーケティングは戦術よりも戦略から』意外に見落としがちな盲点②
ブランディングの極意とは?(3本の矢と2つのキラーポイント)
それでいいのか?「集客一辺倒に一言物申す」

 

ご案内

→ホームページ作ったけれど、これでいいのか診断して欲しい!詳しくはコチラ
→そもそも、ハイブリッドマーケティングラボとはどんなところ?
→売り込まないマーケティング戦略セミナー動画 リアル&ウェブ編 公開中
→お問い合わせ、ご質問はコチラ

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする
  2. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  3. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  4. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  5. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?【失敗しないホームペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP