失敗しないホームページ・ブログ診断

超基礎的、ウェブ上で見つけてもらうには?


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話
経営者の為のブランディングの作り方

11296998_868834163191249_1975842749_o

 

 

どんなにホームページやブログで成約設計を作っていたとしても、

お客様、読者がそのホームページやブログにたどりついてくれなければ、見つけてくれなけれどうしようもない。

どんなに優れたお店を作ったとしてもシャッターを開けて、看板を設置するなり、お店の情報を告知して、お店があることを見つけられるようにしておかねばならない。

というわけでホームページやブログも、お客様に来ていただけるような、見つけてくれる設計をしなければなりません。

そこでインターネット上で見つけてもらう手段を大きく分けて3つに分類しました。

インターネットで見つけてもらう方法は大きく分けてこの3つです

1、検索

2、広告

3、メディア

 

 1、検索で見つけてもらう

検索は普段インターネットを使う上で、あなたが使っているようなGoogle検索Yahoo!検索などをに当たります。 ここで検索されて見つけてもらうと言うのがインターネット上で見つけてもらう1つの方法です。
よく業者からSEO対策をしませんか?検索で上位に上げる対策をしませんか?というような営業が来るかと思います。それはこの見つけてもらう手段の1つ、検索されるような措置を行いませんか?ということです。

さらにこの検索は大きく分けて2種類に分けられますこの2種類に関してはこちらの記事にて

 2、広告で見つけてもらう

これもインターネット上ではよく見かけるものです

Google Yahoo!で検索してきてもこの広告が出てくるでしょうし、FacebookのタイムラインやYouTubeの動画を見る時にも広告が出てくるでしょう。

その広告からクリックしてもらい、ホームページ、もしくは販売ページ、ランディングページにつなぐといった方法があります。

 

 3、メディアから見つけてもらう

最後のメディア
メディアというとイメージがつかないかもしれませんが、これは要するにSNS、ブログ、YouTubeなど、常々情報を発信、更新をしていき、その上で見つけてもらうということを意味します。

Facebookで書き込みをしてそこにURL貼っている人を見かけたことありませんかこれがメディアを活用して見つけてもらう。
そこからホームページやブログ等で誘導していると言うことです。

メディアで情報を発信していき、そこで見つけてもらう。 これがメディアで見つけてもらうことです。

 

 もっと大きく分けると2つに分かれる

インターネット上で見つけてもらう手段を3つお伝えさせていただきましたが、よりもっと大きく分けると

「お金をかけて見つけてもらう」か

「お金をかけないで労力をかけて見つけてもらう」か

この2つに分けられます。

お金をかけて見つけてもらうというのは、広告をかけるといったやり方

お金をかけず労力をかけて見つけてもらうというのは、ブログやFacebookなどのSNSに何度も書き込み行うことによって見つけてもらうやり方です。

どちらの手段もメリット、デメリットはありますが、より良いのは、この2つを同時に併用していくこと。つまり、お金を使って行うやり方。お金を使わないで行うやり方。「広告」と、ブログ更新など、「更新」、これら2つを同時に行っていくと、より相乗効果で見つけてもらいやすくなります。

つまり労力をかけながら、お金もちょっとずつ使っていき、見つけてもらったほうが商売の速度としては早くなるという事です。

では次回以降では検索力を増やすにはということと、広告費はどれくらい使っていった方が良いのか?についてお伝えしていきます。

>>次のページ 検索に関するこの2つ、分けて考えましょう

 

>>前のページ 日本人に合ったウェブ戦略

 

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに…

 

 

 

 

商品はあるが
売り方わからない方向けの記事

不毛な価格競争から脱却するためには?
「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
信頼獲得と大きな利益を作るには?
商品はあるが、売り方や魅力的な伝え方が分からない時に使える「ある質問」とは?
これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?

個人事業主向けの記事 

まだ実績が無い個人事業主の最初の実績の作り方と顧客獲得の仕方
個人事業主の方へ:Facebookで信頼を落とす書き込み内容とは?
起業したが売上に繋がらない9つの特徴とは?

交流会の会話の中で最も重要な要素は何か?
個人事業主で商品が無い場合の問題点と対処法とは?

この状態ではセミナーに行ってはいけない7つの特徴

ご案内


この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
⇒ このブログは人気ブログランキングで今何位?クリックして応援する
⇒   ブログ村では今何位?クリックして応援する

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP