失敗しないホームページ・ブログ診断

ホームページ集客・成約を改善するに必須な3つの視点【失敗しないホームページ・ブログ診断②】

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi 初めてこのサイトに 来た方はまず「ビジネス戦略の基礎シリーズ(全5話)」をお読みください

%e3%80%90%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bb%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e8%a8%ba%e6%96%ad%e2%91%a1%e3%80%91%e6%94%b9%e5%96%84

常にこの視点に立ち返る

 

 

出していく情報を明確にするには、この3つの視点

出していく情報を明確にするには、この3つの視点に立ち帰ると、鮮明になっていきます。

視点1、客の視点

それはお客様は誰で、どんなモノゴトを欲しているか。

視点2、商品、自社の視点

この商品はどんなものか、自社の方針はどんなものか

視点3、競合他社の視点

競合はどんなものか。競合と自社があって、なぜお客様から自社の商品は選ばれたのか。

この3つの視点に立ち帰ると、すごく改善がしやすい。 ホームページやブログに関してもそうだし、実際にリアルで人と会った時に、自分たちの姿勢を口頭で伝えるときにも、この3つの視点に立ち帰るとすごく話がしやすい。

相手からしたら、どんな立ち位置で商売をしているのか?ということも伝わりやすい。

 

 3つの視点を活用すると?

1つ例を出すとこのような感じ
ホームページ業者を例にすると

1、お客様は誰か

お客様は既に商売されている個人事業主、または法人。(これから起業するタイプでは無い) ホームページをきれいに作成したり、ブログをやってはいるが結果が出ていない。
そして何をどうすればいいのかがわからない企業。

2、商品はどんなものか

ウェブおよびホームページからの成約設計を行う。
今までお客様からしたら、そこに頼みに行くという文化がなかったら、その文化を作り出す。

ホームページ、ブログの運用や改善の提案も行い、時においては作成作業を代行する。

3、競合
競合と自社があってなんで自社が選ばれるか

競合のホームページ業者は、ただ作るだけで毎月お金を支払わせるだけで、何もしてくれない。
改善提案や運用のアドバイスも何もない
そのため、どのように成果を出したらいいのか? それが他ではできないため自社が選ばれる。

このようにまとめていくと、このホームページ業者は、これから起業する人はお客様にしなくてもいいという事になります。 会社の方針としたら、これから作るというよりは既に作ったけれどもうまく成果が出ない人を相手にしたいからです。

誰からも選ばれる必要はない

この打ち出し方をしていくと、当たる人には当たるし、かすりもしない人には全く当たらない。

単にビジュアルをキレイにして、別にホームページからの成果は出さなくてもいい。名刺代わりとして使いたいという方には、この唄い出しをやったとしても頼んではくれないでしょう。

ホームページから問い合わせが欲しい、買い上げが欲しい、ウェブからの成約が欲しい方はこの唄い出しでヒットする

今のやり方で果たして合っているのか? この状態でうまくいくのかどうかわからない、という時は、この3つの視点に立ち返ると、すごく明確になりやすい。ぜひ使ってみてください。

さてこの3つの視点を明確にしたら、自社の方針にあった情報発信をしていき、お客様に訴えかけていく。

情報発信をしていくときには、この2つを目的としていきます。お客様から情報発信をしていく理由はこの2つが欲しい。それは、
信頼性と必要性を高めたい。それによってこちらの商品までたどり着いて欲しい。

そのため信頼性と必要性を上げる設計を行っていくのですが。 この2つをどうやって高めていくかは次回

 

>>次のページ 必要性と信頼性の持たせ方とは?

 

>>前のページ デザインを綺麗に作っても効果が出ないのはなぜ?

 

hymkimg011

 

 

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura  

まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

「マーケティング」を一言で言うなら?そのシンプルな答えとは?
『マーケティング戦略に一番重要なもの』意外に見落としがちな盲点①
『警告!マーケティングは戦術よりも戦略から』意外に見落としがちな盲点②
ブランディングの極意とは?(3本の矢と2つのキラーポイント)
それでいいのか?「集客一辺倒に一言物申す」

 

ご案内

→ホームページ作ったけれど、これでいいのか診断して欲しい!詳しくはコチラ
→そもそも、ハイブリッドマーケティングラボとはどんなところ?
→売り込まないマーケティング戦略セミナー動画 リアル&ウェブ編 公開中
→お問い合わせ、ご質問はコチラ

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  2. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  3. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?【失敗しないホームペ…
  4. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  5. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP