成約・集客の為のWEBの使い方

ホームページの診断、改善に有効な手段とは?

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

うちのサイトと、お客さんのサイトの改善を絞り出し中

その時は紙に書いて、記録をつける表やイメージを作る。

zuuuu

ウェブの情報であろうと紙に記録する

 

 紙に書くことが新たな発想を生む

改善する時は、どんな結果を出したいか。どんな結果が出ているか。 両方踏まえた上で改善案を出していきます。

改善案を出す時は、どの目的を達成したいのかを羅列し。 どのくらい達成したいのかと、実際にどのようなことになったのかを書いていく。

それとGoogleアナリティクスを調べて、毎週毎月どのくらいの数字が出ているのかを「手書き」で書いていく。

Excelではなくて手書き。 パソコン上で数字だけ載せて、計算したほうが速度は速いが。この記録をつける1番の理由は、「改善案」を作りたいから。

改善案は手書きで、紙を使って手で書いているときにポッと浮かびやすい。 自分はデジタルに慣れているっちゃ慣れていますが、携帯電話を扱い出したのは中学生の終わり頃だし、その後でも記録をしたり書物をするときは紙だった。

だから何かの発想を浮かべたり、考え事をする時は、紙の方が良いということで、このスタイルでやってます。

今日も昼からお客さんのところに行ってきましたが、その時に案を出したのですが、その案は紙に書いて記録をつけている時に思い浮かんだもの。

Excelで記録をしているときにはこの発想が出ない。 多分Excelが悪いんじゃなくて自分の脳みその使い方が、リアルの紙に合わせちゃっているからでしょうね。

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  2. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  3. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」
  4. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする
  5. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP