成約・集客の為のWEBの使い方

勢いを増す写真共有SNSインスタグラム

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

売り込まないセールス設計
クロージング戦略マーケッターの安部です

勢いを増すインスタグラム

勢いを増すインスタグラム

 

「アクティブユーザー3億人の実態は?」

 

今やアクティブユーザーが3億人とも言われ、

芸能人なんかもこぞって投稿し始めているのが、インスタグラム

TVのワイドショーなんかでもインスタグラムネタが

多くなってきましたよね。

 

インスタグラムの特徴はというとなんといっても写真(ビジュアル)がメインだということ。

※ユーザーの特徴は女性が7割、18~35歳が半分弱と若い人が多い。

YouTubeは動画がメイン、Facebook、Twitterはテキストメインと言う感じでしょうか。

勿論、FacebookでもTwitterでも画像投稿は出来ますし、動画投稿も出来ますが、

インスタグラムはやはりビジュアルに特化している写真共有SNS。

 

ではこのインスタグラムの特徴をどう使えばいいのか?

写真や映像と言ったビジュアルを重視したソーシャルネットワークだからこそ、

ビジュアルに訴えかけるファッション関係などが、

マーケティングツールとして活用するには

特に持ってこいのSNSかも知れません。

 

最近ではラグジュアリーブランドのシャネルや有名デザイナーなども

インスタグラムのアカウントを開設し始めているのが現状。

 

ビジュアルで伝えやすい商品であれば十分活用の価値はありますし、

画像中心だからこそ、鮮度やトレンド感、生の情報は伝えやすい。

 

どうしても文字だと思い立ったらスグ言うような投稿はしづらいが、

画像であれば、撮ってスグに投稿するもの難しくない。

 

インスタグラムは伝えたいビジュアルに簡単なコメントとハッシュタグをつけるだけ。

実はこのハッシュタグ、意外に重要で

「#スィーツ部」とかでハッシュタグをつけると同じ嗜好の人が見つけやすくなります。

 

更に、写真がメインだからこそ言語があまり気にならず、

国を問わず、交流しやすいのもインスタグラムの特徴かも知れません。

グローバル化を考えているブランドや

今後、どんどん増えつつあるインバウンド需要(訪日外国人)に対しても

大きなアドバンテージになるでしょう。

 

SNSでもFacebookやYouTube、Twitter、LINEなどを取り上げる記事は多いですが、

SNSも特性に合わせて使うことが大事なんです。

使う側がキチンと選べば、画像SNSインスタグラムも十分注目度は高いでしょう

 

細かいインスタグラムの使用法については、また改めて。

 

 

売り込まないセールス設計|行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ
売り込まないセールス設計コンサルタント 安部由宇輝

安部由宇輝のfacebook 安部由宇輝のGoogle+ 

 

 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  2. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする
  3. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  4. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  5. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP