売り込まないセールス設計

【お客様から選ばれる体制作り①】そもそもどうやれば選んでもらえるのか


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話
経営者の為のブランディングの作り方

売り込まないセールス設計 成約設計ウェブマスターの山崎です

お客様から選ばれる体制の作り方1

この連載は今回からのスタートです

商品やコンテンツを広めたいがうまくいかない方へ

今まで私どもにご依頼いただいた方はには共通項がありました。

切羽詰まっているわけではないが
売りたい商品がある
広めたいコンテンツがある

しかしどうすればいいのかがわからない
何が原因で行き詰まっているのかがわからないということだった。

もしくはある程度まできたが次のレベルに行くやり方がわからない

完全にゼロから始めるという方は少なかった。 何らかのエキスパートではあり、レベルを上げてきてはいるが次のレベルに向かうときにどうすればいいのかがわからない。

例えて言うと、階段を上ってきてその階段の踊り場にたどり着いた次の上り階段の場所がわからず、踊り場うろうろしている状態。

踊り場

その停滞し行き詰まっている。 この時にどうすれば次のレベルに行けるのかがわからない。

よくよく話をお聞きしていくと共通項として、どのようにしてお客様から選んでいただけるのか。その方法がわからないといったことがあった。

つまり、「売りたい商品がある」「広めたいコンテンツがある」「新規事業を行っていきたい」しかし、お客様がどこにいて、どのようにアプローチをしていき、見つけてもらい、成約に至るのか、それがわからない。

 

私はその方とお話をして、実際に自分が体験できる商品やコンテンツであるならば体験をしてみた。

そこで感じたのは世の中では知られていないけれども、本当に素晴らしいものがあるということ。

いらしたご本人は、その商品やコンテンツのおかげで人生を救われたり、これは世の中に役に立つものだから、絶対にこの世に広めていきたいという強い熱意がある。

しかし熱意とは裏腹になかなか良さが伝わらない。 ご自身ではこんなにいいものを扱っているのに、それがなぜか伝わらない。 ある程度までは出来てているが、思っていたほどうまくはいかない。

私は思っていたほどうまくはいかない行き詰まっていることに対して悔しくないのかと聞いたことがある。 もはや悔しさではなく、行き詰まりによって諦めかけている状態の方が多い。

 行き詰まりの壁を突破する答え

この行き詰まりの壁をどうにかしたい。 突破できないかを試行錯誤していったところ、

そのために答えとしてお客様から選んでいただく体制作りを行う

その体制を作り上げるためには

その答えが

1、そもそも需要があるのかどうかを調査する

2、その人、会社特有の強さと違いを見つけ出す

3、実践ベースで、その人、会社の強さと違いから、お客様を見込んで、動き方を作り上げる

4、継続的にその方や会社が自主的に動き続けられるよう運用方法を身に付けていただく

この4つでした

行き詰まりを解消するには、まず商品やコンテンツの需要があるのかどうか。そして、その方や会社の強さと違いを見つけ出す必要があります。

>>次のページ 需要のアリ、ナシの判断方法 

 

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

 

商品はあるが
売り方わからない方向けの記事

不毛な価格競争から脱却するためには?
「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
信頼獲得と大きな利益を作るには?
商品はあるが、売り方や魅力的な伝え方が分からない時に使える「ある質問」とは?
これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?

個人事業主向けの記事 

まだ実績が無い個人事業主の最初の実績の作り方と顧客獲得の仕方
個人事業主の方へ:Facebookで信頼を落とす書き込み内容とは?
起業したが売上に繋がらない9つの特徴とは?

交流会の会話の中で最も重要な要素は何か?
個人事業主で商品が無い場合の問題点と対処法とは?

この状態ではセミナーに行ってはいけない7つの特徴

ご案内


この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
⇒ このブログは人気ブログランキングで今何位?クリックして応援する
⇒   ブログ村では今何位?クリックして応援する

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  2. 知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  3. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  4. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?
  5. 「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP