ホームページ診断で発見「ありがちな失敗」

ブログ書いてるがアクセスが伸びない時の対処法

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi 初めてこのサイトに 来た方はまず「ビジネス戦略の基礎シリーズ(全5話)」をお読みください

 

ホームページを診断で発見した「ありがちな失敗」シリーズ4

 ホームページを診断で発見した「ありがちな失敗」シリーズ

⓪-1知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
⓪-2知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「制作会社を知る」(中編)
⓪-3知らないと大損するWEB制作の怖ろしい話「サイトを知る」(後編)
①どんなキーワード(要望)で人が来ているのかを把握していない
②何が頼めるのかよくわからないケース
③問い合わせの以前にアクセスが伸びず人が来ない
④ブログ書いてるがアクセスが伸びない
⑤問い合わせは頼みやすさが鍵となる

 手っ取り早くアクセスを集めたいならこの手法だ

ブログ書いてるけれどもやっぱりアクセスが伸びないなら

ブログを書いているがアクセスが伸びない。 書いているけれども、手っ取り早くアクセスが欲しいなら。

1つ答えを出すとするならば、複数のSNS等を使って出す場所を増やすのが良いでしょう

なぜ1つの場所ではなく複数の場所で出すと良いのか? これは、Facebookだけでその記事を出しているときは反応が悪かったとしても、Twitterだと意外に反応が良いということがあります。

そのSNSごとによって、反応の度合いが違うケースがあるので、複数の場所に活かすことによってあなたの出している商品やコンテンツが実はTwitter向きだったということがわかる可能性があります。

 

 ブログを複数の箇所で出すやり方

ブログを複数の箇所に出していく。行うならばこの流れです。

ブログで記事を書きます
URLをコピーして
クリックしたくなるような添文をつけて
Facebookに投稿
Twitterにも投稿
他のSNSにも投稿

これだけです。 これで検索で見つけてもらうよりも手っ取り早く、アクセスを伸ばすことができます。

ただし人海戦術になってしまうので、FacebookやTwitterでは広告をかけてみるというのも手です。これを考えた上で効果的な処方の組み合わせが、、、

検索対策をしながらの書き込み× SNS書き込み×広告

インターネットは速さが勝負です。 特に速さを求めたいのならば、この3つを組み合わせることをお勧めします。

検索に引っかかるにはそのページ自体がたくさんの人に来てもらっているというのも1つの条件ですので。 広告をかけて人が多く来ている記事やホームページになるというのが、よりアクセスを加速させる手です。

>>次のページ 問い合わせは頼みやすさが鍵となる

>>前のページ 問い合わせの以前にアクセスが伸びず人が来ない

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスどんなキーワード(要望)で人が来ているのかを把握していないクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura  

まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

「マーケティング」を一言で言うなら?そのシンプルな答えとは?
『マーケティング戦略に一番重要なもの』意外に見落としがちな盲点①
『警告!マーケティングは戦術よりも戦略から』意外に見落としがちな盲点②
ブランディングの極意とは?(3本の矢と2つのキラーポイント)
それでいいのか?「集客一辺倒に一言物申す」

 

ご案内

→ホームページ作ったけれど、これでいいのか診断して欲しい!詳しくはコチラ
→そもそも、ハイブリッドマーケティングラボとはどんなところ?
→売り込まないマーケティング戦略セミナー動画 リアル&ウェブ編 公開中
→お問い合わせ、ご質問はコチラ

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  2. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする
  3. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  4. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  5. 商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP