非常識な売り方は異業種に学べ

ポケモンGOに学べ!このゲームには新商品を作る基本技が詰まっている

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

売り込まないセールス設計 成約設計ウェブマスターの山崎です

ポケモンGOから学ぶ解説商品の作り方

 ポケモンGOから商品開発術を学べ

任天堂のスマートフォンゲーム、ポケモンGO。

今日本中、世界中でかなりの社会現象になっている。

筆者も7月22日に日本で配信開始された後、試しにプレイをしてみた。感想を一言で言うと、これはハマる。
外出すると常にどこに、どのようなポケモンがいるのか気になって仕方がない。
 
外出して近所の公園に行くとポケモンGOをプレイしている人が多いのか、
しばらく歩いては立ち止まってスマートフォンに目をやっている方を多く見かけた。
 
 
プレイヤーは、実際にリアルの世界を歩き回りポケモンを見つけ捕獲し育成をしていく。
地図上のあらゆる場所にボケストップという拠点がある。
(ポケストップは各場所のモニュメント、その場所の代表的な景観にて設定されている)
そのポケストップから様々なアイテムや、ポケモンが生まれる卵を手に入れることができる。
 
 
さすが任天堂、かつてはファミリーコンピューターが発売される以前はマニア層がほとんどを占めていたゲーム市場にライト層を取り込んだように、ポケモンGoはゲームは室内で行うといった今までの概念を覆すところがすばらしい。
 
ポケモンを見つけ出したり、ポケストップにたどり着くにはかなり歩かなければならない。もしくは自転車でゆっくり走る。(自転車を漕ぎながらスマホを見るのではなく、ポケットに入れたままにする)
おかげで筆者はポケモンGOのおかげで公園をランニングする習慣ができた。
 
 
どうやら世界中で引きこもり対策や鬱対策になっているようだ。精神科医やカウンセラーでもどうにもならなかった方々を、ポケモンGOがひっくり返してしまったと、ネット上で言われている位だ。
 
 

 実は ポケモンGO には新しい技術はない

 
ポケモンGOのシステムはGPS(位置情報)を使用して、ポケモンを探してゲットするものとなっている。(イングレスと同様の技術) つまり今まであった既存技術とコンテンツを組み合わせて、新たな面白さを作った。
 
 
実際にこのゲームやってみたらわかるかと思うが、出現するポケモン自体は初代のポケモン(ポケモン赤、緑、青、黄)で新しいキャラクターは一切ない。
 
 
使われている技術も既存技術。
 
 
つまり既存のものと既存のものを組み合わせて全く新しい商品を作り出したというわけ。
 
ポケモンGOは、商売を始める商品を作る商品を売ると言う点で大事な2つの要素がある。
 
それは、この2つ
 
1、+-× ÷
 
2、借りる、作る、あげる
 
 
実はこれは商売を行う上では1番素早く確実に(なるべく懐を痛めず)ヒットする商品を作成する方法。
 
新規事業を始めるときや、企業をするときに、売る商品をどうするのか。
 
それは借りる、作る、あげる
この3つに分けられる。
 
一般的に企業というのはゼロから商品を作って、作ったもの販売をします。ただし、これは商品を作るまでに時間やコストがかかる。
商品を「あげる」というのは商品を保有しているから代わりに誰かに売ってもらうということ。
 
商品を借りると言うのは、自分が商品を持っていないから、外からその商品を借りててきて売るという事。

新商品作りの基本は何かと何かをプラスして。商品作りは全く新しい何かを作り出すよりは、すでに世に出ている何かと何かを「+」して組み合わせて作った方が、成功率も高いし、ゼロから何かを作り出す努力もいらない。

 
 
ポケモンGOは、任天堂が既に持っているポケモンというキャラクターと、既に確立されたGPSの技術によって出現するポケモンが場所によって変わるという位置情報の技術を借りて、この2つを組み合わせた。
 
 
 
商品を作ったり、売っていくときにこの基本的な形がとれますが、今回のポケモンGOはこの基本技を見事に使ったものと言えるでしょう。

  マーケテイング戦略おすすめ関連記事

★ マーケティングを一言で言うなら?そのシンプルな答えとは?

『マーケティング戦略に一番重要なもの』意外に見落としがちな盲点①

『警告!マーケティングは本質で語る』意外に見落としがちな盲点② 

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  2. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?【失敗しないホームペ…
  3. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法
  4. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  5. 商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP