売り込まないセールス設計

何故「ギャップ」が最強なのか?【ギャップ戦略でブランディング】

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi 初めてこのサイトに 来た方はまず「ビジネス戦略の基礎シリーズ(全5話)」をお読みください

なぜギャップ戦略が有効なのか?

なぜギャップ戦略が有効なのか?

パーソナルブランディングにおいては「ギャップ」は最強?

「ギャップ」 これはある種ブランディングにおいては最強のワードかもしれない。

(ブランディングは信頼をいかに得るかが重要)

 

人の印象、最初は見た目で決まるともいう、

しかし商売においては見た目で好印象を得たとしても

そのあとの印象がその印象以下ならうまくいかない。

人は無意識で最初の印象と話していく過程での印象を比べている。

ようは、話していくうちに

「最初のイメージ通りこの人は信用できるのか?」が

「やっぱりこの人は思った通りだ」となると

当たり前が一番ハッピーエンドという結果になる可能性は大。

ギャップが逆(悪いほう)に出る場合は目も当てられない。

(ファーストインプレッションはいいのに、話しているうちに印象が悪くなるタイプ)

だからこそギャップはいい方向で出さないと意味がない。

 リアルの場でもギャップ戦略は効果絶大

対面ビジネスにおいて「見た目ギャップ法」を戦略的に使うと効果絶大。

大半の人は、ギャップに惹き付けられ、共感したりすることが多いんです。

もちろんリアルではなくwebなどを使う場合も効果的に使えます。

 

例えばリアル対面型の商談などでいうと僕の場合、

正直年齢より若く見られますし、そのせいで昔から仕事上では、

初対面の時なんかよくなめられてました。

これは大げさでもなんでもなく初対面の名刺交換の時など

数人部下を引き連れていっても自分が下っ端で部下の方が上司に思われることは、

日常茶飯事と言うか、ほぼ100%。

ここで普通はどうやったら貫禄が出るかとか偉く見えるのかとか考える男性が多い。

確かにそれも一つの考え方だ。

事実、「早く歳をとりたい、貫禄を得たい」と思う男性は仕事上では多い。

でもこれって当たり前、他人となんら変わらない。

しかも実力以上に貫禄があっても逆効果。

ですが、僕はそれを逆手に取って、

もっとチャラく、

「なんだこいつが課長?どうせ上司に上手く取り入ってその役職を手に入れたようなやつ」

って思われるような見た目演出をワザとしてました。

何故、印象が悪くなるような方法をわざわざとったのか?

 加点方式ギャップ法

ここで、僕がとった方法とは、加点方式のギャップ法だったのです。

意外に皆さん、マイナス方式を知ってか知らぬか

結果そっちになってる人(こと)が多い。

「加点方式?マイナス方式?」 さて、どういうことか?

では、リアルに置き換えてみましょう。

例えば、貫禄があって、偉そうにしてる人が

いざ喋ってみると中身がない、なんかイマイチな人って感じた場合は、

もう最初の点数が高い人ほどマイナス評価になってしまうです。

そう、最初の評価が高いが為に、

期待も大きくなる、余計にマイナス評価になりやすい。

その点、僕はチャラく演出してたので、

「なんなんだこいつ」って感じで最初は見てくる。

しかもあまり期待してない(笑)

だからこそ、

そこでちょっと同クラスの役職者が離さないようなネタを話すと一気にプラス評価になる。

スタートは、マイナス評価でも、その後がプラス加点されるので、

最終的にはイメージが良くなるって事。

むしろ、

多くの場合すぐに覚えてもらえたし、興味を持ってもらえることに。

その後も長くお付き合いできる関係を多く築く事が出来たりと結果オーライ。

私事ですが、今だによく、

初対面のイメージと話してからのイメージが全然違うと言われます。(あくまでいい意味で)

セミナーでも参加者に口を揃えて言われたこともありましたし。

仮にすごく強面の人間が実際に会ってみると満面の笑みで話しかけてくれたりすると

一気に引き込まれたりします。

 まずは自分を知ることが重要

だからこそ、まずは自分のことを客観的かつ正確に自分のことを知らなくてはなりません。

自分ではこう思ってるけど、実は周りから見ると誰もそんな風に見てない問いうことなら

全くこの方法は、使えないどころか逆効果になることも。

自分よがりのギャップ法ではなく、

周りからどのように思われているのかをしっかり知った上で正確に判断しなければ、

効果の高い成果は得られません。

何故「ギャップ」は最強なのか?

改めて、何故「ギャップ」は最強なのか?

上記において対面実例を中心に書かせていただきましたが、

それだけにとどまわず、このギャップを活用することで

ウェブ戦略にも使うことができます。

そしてそれは、マーケティングやブランディングにおいても使えるだけでなく、

かなり効果の高いものになるからです。

だからこそギャップは、

自分にも仕事にも会社にもそして、

プライベートでも人を惹きつける最強のワードとも言えます。

 

売り込まないセールス設計|行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ
売り込まないマーケティング戦略コンサルタント 安部由宇輝

安部由宇輝のfacebook 安部由宇輝のGoogle+ 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura  

まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

「マーケティング」を一言で言うなら?そのシンプルな答えとは?
『マーケティング戦略に一番重要なもの』意外に見落としがちな盲点①
『警告!マーケティングは戦術よりも戦略から』意外に見落としがちな盲点②
ブランディングの極意とは?(3本の矢と2つのキラーポイント)
それでいいのか?「集客一辺倒に一言物申す」

 

ご案内

→ホームページ作ったけれど、これでいいのか診断して欲しい!詳しくはコチラ
→そもそも、ハイブリッドマーケティングラボとはどんなところ?
→売り込まないマーケティング戦略セミナー動画 リアル&ウェブ編 公開中
→お問い合わせ、ご質問はコチラ

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」
  2. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  3. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法
  4. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  5. 「マーケティング」を一言で言うと?そのシンプルな意味・答えとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP