成約・集客の為のWEBの使い方

「SNSは目的と設計を明確に」何ができるかではなく何をするのか?【Facebook Twitterなど】

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

SNSは何を目的にどう使うのかがポイント!

SNSは何を目的にどう使うのかがポイント!

 

加速度的に存在感を増すソーシャルメディア

日本でもかなり定着しつつあるSNS(ソーシャル ネットワーキング サービスの略)

日本では独自の進化を遂げたTwitter、実名登録で世界No. 1のSNSであるFacebook

グーグルが展開しているGoogle+、最近女性タレントを中心に人気急上昇中のInstagram

そしてユーチューバーなる職業まで出てきて大人気の動画SNSのYouTubeなどを始め、

最近では若い人中心にメーラー的扱いで大人気のLINEなど、

有名なものからあまり知られてないものまで様々なSNSを目にします。

このような各プラットフォーム(枠組み)によって、

個人間の情報発信がある程度可視化されたものがSNSと言われるもので、

これが新たなメディアとしてもコミュニケーションツールとしても加速的に浸透していることはご存知の通り。

意外にメーラーとしても高機能で使えるmessenger

更にSNSの進化はとどまることを知らず、

コミュニケーションツールとしても秀逸で書類添付や既読管理もできる上、

最近ではグループでの電話会議すらできるものもあり、

筆者もFacebookmessenger仕事のやり取りをする事が多い。

LINEもどちらかといえば

メディア発信と言うよりはまだ個々のコミュニケーションツールとしての活用が大きいがその勢力は大きくなる一方。

(学校の親達の連絡なども最近はLINEグループを使うことが多いそう)

蜘蛛の巣状に広がっていくソーシャルメディアは今や影響力大

そして情報発信としての活用においては、

今やそれが一般的にも大きな影響力を持つことも認識されつつあると思います。

 これまでの主流であるTVを主体とした一方向的なメディアから

双方向型の情報発信ができるソーシャルメディアが、

新たなつながりを生み、口コミに置いても大きな影響力を持ち、大きなムーブメントとして、

消費者の行動や企業のマーケティングに大きな影響を与えられる現代に適したメディアになってきてます。

事実、最新情報は今やTVでもTwitterから情報入手してるのが現状。

ソーシャルメディアで何が出来るのか?

まだまだ

「ソーシャルメディアってどんな使い方ができて、どんなことができるのか?」

と質問される方も多いですが、

大事なのはSNSで何ができるかではなく

「ソーシャルメディアで何をするか」(どう使うか)です。

ソーシャルメディアとは、

相手との双方向コミュニケーションを行う「メディア」であり、

SNSはその「ツール」であると言えますが、

重要なのは情報発信においてコミュニケーション自体が公の場で行われると言うことです。

つまり、

一般に広く伝播する可能性のある「メディア」である事を理解した上で、

しっかり目的と設計を考えて使っていけば、

ブランディングしかり、集客しかり、テストマーケティングしかり

目的に応じたことができる、

そして社内相乗効果なども期待できる優良な「メディア」であるとも言えます。

先日の都知事選でも戦略を立てSNSを効果的に使った小池さんが勝利し、

勝利の要因の一つにSNS戦略があったことも事実で各メディアも取り上げていましたね。

それほど目的を持って戦略的に使えば効果絶大だということ。

 お客様が市場を評価し形成する時代(評価がお金を生む評価市場をモノにせよ🔗)

お客様が市場を評価し形成する時代において、

ソーシャルメディアを使った戦略が、

個人も会社の結果を大きく左右する時代になってきているとも言えます。

 だからこそ、

発信力をモノにする事で信頼性の高い関係性を構築する事も出来るし、

優良な顧客を掴むことも可能です。

即効性を考えると広告は効果大ですが、

同様に他社の広告によってすぐ他に気移りする可能性もあります。

質が求められるこのコンテンツ時代

知ってもらい選んでもらうためには、

お金を使うか、時間を使うか、そしてバランスよくその両方を使うのか?

の選択になりますが、

質が求められるこのコンテンツ時代において、

継続的なビジネスをする為にも

お客様に喜ばれる情報を発信提供し続け、

自分のビジネスにあったSNSをうまく使うことで、

信頼と評価を永続的に得られるようにすることも可能でしょう。

 目的と設計をはっきりと

ビジネスにつなげたいなら、

「ソーシャルメディアで何をするか?」

を明確にして目的と設計をはっきりさせることがまずは重要。

 双方向での対話的な広がりと可視化された世界の可能性

従来のマスメディアは多くの人に伝達可能だが、

一方的で資本や規制による制約があり、

誰もが気軽に情報発信できるわけではなく

資本力のない企業や小規模型には向かない側面もありました。

ソーシャルメディアは対話的な広がりを持ち、

人々が情報を公開することで考え方、思い、悩み、他人との会話やつながりが可視化され、

そこへ関心や興味、評価などコミュニケーションや会話に必要な要素を簡単に探し出せるようになったことで、

ビジネスにおいてもこれまでにない可能性を導き出してくれるでしょう。

 

◎補足:

「何が出来るかではなく、何をするのか?」

これは、ソーシャルメディアに限らず、

通常のビジネスにも言えることですね。

 

 

 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかす…
  2. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」
  3. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  4. 「マーケティング」を一言で言うと?そのシンプルな意味・答えとは?
  5. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP