非常識な売り方は異業種に学べ

超日本流、見えないところに最大の気遣い

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

「あえて、臭いを封じ込めろ!」

ここハイマケ通信でも再三、お伝えしてきてますが、

リアル商売は出来るだけ五感に訴えることが重要で、

特に飲食店は、臭い、音、見た目と言った部分の刺激は重要だと思います。

さてでは、食料品を豊富に置いてあるスーパーは、

どうでしょうか?

意外に食肉や鮮魚などあらゆる生ものを置いてます。

そして、それを調理場でさばいているのを良く見ますよね。

でも、日本のスーパーでは、

入り交じった変な臭いも生臭さもほとんどない。

逆に外国にいくと強烈な臭いが鼻をついたりします。

五感に訴えろ、嗅覚に訴えろとは、全く真逆。

何故か?

日本のスーパーは逆に気持ちよくお買い物をしていただくために、

臭いを封じ込める努力を日々怠らずにやっているから。

入り交じった生々しい臭いがしないからこそ、

試食コーナーやお惣菜コーナーの臭いがたまらない。

もちろんそこでは、

音、臭い、見た目、更には作り方と言った情報まで体感させてくれるのだこら、

効果も絶大。

飲食店のセオリーとは逆に臭いをいかに抑えるかで、

工夫を凝らしているのだから面白い。

でも、お客様視点で考えるとごもっとも。

飲食店は通りがかかりの人に入店してもらわなければならない。

だからこそ、五感を刺激し衝動性を作らなくてはならなかったりする。

しかし、買い物は日々の習慣性が高い。

しかも、今日だけの食べのを買うことは少ない。

むしろ、冷静に献立を考えながら買い物をしたいもの。

だからこそ日本流の気づかない快適性が好まれるのではないでしょうか。

もちろん、そんな中であえて衝動性を促すものが、

試食コーナーだったり、お惣菜コーナーだったりもするのだろう。

海外では考えられない見えないところにこだわる日本流サービスって色々ありますが、

誇らしいですね。

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  2. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする
  3. 商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかす…
  4. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  5. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP