失敗しない経営者診断

しくじり先生を見ていると出演者のしくじりに傾向が


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話
経営者の為のブランディングの作り方

 
しくじり先生

人の失敗談は貴重。皆、失敗は出したがらないから

この傾向が、ビジネスでも同じことが言えるなと考えたので、まとめていきます。

 しくじり先生を見ていると出演者のしくじりに傾向が

 
月曜日の夜に毎週やっている「しくじり先生 俺みたいになるな!!|テレビ朝日」この番組で、かつてしくじって、それまで培ってきたものを失ってしまった出演者本人が、なぜそうなったのかを語っていく番組です。

出演者は様々な失敗談を語ってくれるわけですが、これがかなり面白い。 単なるバラエティーだと聞き流してしまうにはちょっと惜しい位、冷静に明日は我が身だと受け止めてもいいようなことを語られている場合がある。

 
 
失敗談は、あまり表には出てこない。失敗談は、その人その人の恥部であるわけだから、わざわざ失敗談を語ろうという人は少ない。
 
だが、成功談、成功実例は再現性がなく参考にならない場合が多い。 なぜならその成功はたまたまそのタイミングやその間に場に居合わせた幸運があってこその成功だったケースもあるので。
 
 
それに対して失敗は失敗するべくして失敗している場合が多い。 考え方や、やり方がそれだと確実に失敗するよというような形で失敗をしている。
 
 
つまり成功談は再現できないケースが多いが、失敗談は再現できる可能性が高い。 転ばぬ先のつえのごとく、失敗談は頭に入れておき、同じ「しくじり」をしてしまわないようを念頭にしていたほうが良いように思う。

出演者たちの「しくじり」には大まかにこのような傾向があります。

(もちろん、しくじりの出し方には番組上の演出などもあるでしょうが、それを抜きにしても)
 
自分が何者か把握していないときにしくじる
 
 
例にしてみると
 
自分はそこまですごくないのに調子に乗った行動でしくじる
(過剰な自信)

 
他人から見たらろくでもないことをしているのに本人が気づかずしくじる
(自分と周りが見えていない)

 
自分に与えられた役回りをバカにしてしくじる
(これも過剰な自信)
 
 

 自分が見えていなくなっているとしくじっている

 
多い傾向が、自分が見えていなくなっているということで。そこに付け足しで周りが見えなくなっている。
しくじり先生に出演しているのは、一時期、栄華を誇った方で、そこであまりにも自分はすごいのだと勘違いをしすぎて、道を踏み外してしまう。
 
 
商売についても言えますが、自分と周りを見なくなってしまうと、そこから崩壊が起きてしまう。
 
 
商売をするにしても人生を歩んで行くにしても道を踏み外さないようにするためには、常に自分と周りをきちんと見ていることが大事なようです。
 
 
自滅していく、事業家は自分本位になって、周りから良い人が消えていき、自滅していく傾向があります。
 
 
関連記事

 

 

商品はあるが
売り方わからない方向けの記事

不毛な価格競争から脱却するためには?
「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
信頼獲得と大きな利益を作るには?
商品はあるが、売り方や魅力的な伝え方が分からない時に使える「ある質問」とは?
これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?

個人事業主向けの記事 

まだ実績が無い個人事業主の最初の実績の作り方と顧客獲得の仕方
個人事業主の方へ:Facebookで信頼を落とす書き込み内容とは?
起業したが売上に繋がらない9つの特徴とは?

交流会の会話の中で最も重要な要素は何か?
個人事業主で商品が無い場合の問題点と対処法とは?

この状態ではセミナーに行ってはいけない7つの特徴

ご案内


この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
⇒ このブログは人気ブログランキングで今何位?クリックして応援する
⇒   ブログ村では今何位?クリックして応援する

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 周りから人が離れていく理由と対処法
  2. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  3. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  4. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?
  5. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP