売り込まないセールス設計

【強みと違いの活かし方⑤】ウェブの動き方が下手な人の特徴と解決策

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

インターネットコンプレックス?

 強みと違いの活かし方シリーズ目次

1.動き方を地に足を着けたものにする
2.商品を選ぶ理由が曖昧だとダメなんです
3.商品の良さがわかってくれないと嘆く前にこれをやってみよう
4.この人の書き込みは見る・見ないの境目
5.ウェブの動き方が下手な人の特徴と解決策
6.この動き方、致命傷になっているかも?

 

 

リアルが強い人はウェブで要注意!

 

これはリアルが強い人でありがちです

リアルが強い人は、ご自身の対応能力が高いがために、実際に会って話をしてる時の対応でどうにかしてしまいますが。

 

ウェブでの動き方となると全然だめ。

下手というケースがよく見受けられます。

 

 

リアルではうまく動けるが

ウェブだと動くうまく動けない人の特徴

 

 

1、長年リアルで商売をしてきたので対応能力が高い

2、リアルとウェブだとキャラが違う

3、その人ご自身の専門性や言いたいことがよくわからない

4、その人の肩書きやがありふれたものや、自己中心的なもので、何が強くて違うのかがわからない

5、Facebookの投稿が食べ物だらけ(本人のブランディングとは関係ない出し方)

 

 

 

 

長年リアルで商売をしていると、その場その場での対応能力が素晴らしく、何とかなってしまいます。

 

ただウェブですと、リアルタイムでその場で行う答弁はできないので、一方的に語らねばならないこともある。(SNSにしても時間差はあるし、相手の表情など反応がリアルタイムの会話より読み取りにくい)

その時に相手の反応がわからず、「この人は、いったい何ができる人なの?」となってしまいがちです。

 

 

その人の専門性がわからず、

結局何が言いたいのか?

何ができるのか?

がわからないような伝え方になってしまう。

 

 

それが非常に目立ちます。

 

 

また肩書自体もありふれているケースが多い

 

 

Facebookでありがちな肩書シリーズ

 

Facebookでありがちなのは、どのようなポイントで強いのか違うのかがわからず、仕事を頼みづらい。

 

実際にリアルで会うと、

「なんだ全然違うところが強いじゃないか」

というのはすぐに気が付きますが本人はその強さに気がついていない。

 

気がついていたとしても肩書はその強さを発揮できるものに変える勇気がない。

 

そしてありふれたまま、時間が過ぎてしまう。

ありふれていると陥る問題点

ありふれているというのは、相対的に価値が上がらない。

例えばプロ野球カードで言うと、誰もが持っているカードだと、皆、見向きもしない。

これがもし、自分がイチローのレアカード思っていたとしたらこれはみんな欲しがる。

 

イチローのカードは相対的に価値が高い。そのカードがめったに出現せず(珍しい)イチロー自体の人気が高いので。

 

 

逆に、ありふれたものは価値が低い。

 

珍しく、さらにみんなが欲しがるものは価値が高くなる。

 

それが市場性があると言うことであり、相対的価値が高いということになります。

 

 

 

インターネットではいかにして、

市場性があり

ありふれていない

相対的価値が高くなるのか

を仕掛けていかなければ、なかなかお客様から選んではいただけません。

 

 

 

またFacebookで食べ物ばかり投稿しているのは、その方の専門性やどこで信頼を得たいのかというブランディングの部分とかみ合っていなければ意味がない。

 

 

人間性を出していくという部分ではいいかもしれませんが、結局のところ依頼したい人が欲しい情報はその人の専門性です。

その専門性でもって自分にどのような恩恵があるのかが欲しいのです。

 

 

そこに注力をして情報を発信をしていかなければ選んでいただけることは難しいでしょう。

 

 

自己中心的な肩書は、お客様には恩恵がない

 

また自己中心的な肩書も見受けられます。

いかに自分がオリジナリティーあふれるのか。

自分て凄いんだぞというような肩書です。

 

 

ひと目見ただけでは何なのかよくわからない。

聞いてもよくわからない。よくよく聞いたとしても自分自身に何の恩恵があるのかもわからない。

そのような自己満足の自己中心的な肩書も見受けられます。

 

そのような方はいちどお客様からなぜ自分を選んでいただけたか?

を聞いてみるのが良いでしょう。

 

その質問方法についてはこちらに載せています

関連記事 選ばれる為の、最高の質問はこれだ!

 

>>次のページ 6.この動き方、致命傷になっているかも?

 

>>前のページ 4.この人の書き込みは見る・見ないの境目

 

 強みと違いの活かし方シリーズ目次

1.動き方を地に足を着けたものにする
2.商品を選ぶ理由が曖昧だとダメなんです
3.商品の良さがわかってくれないと嘆く前にこれをやってみよう
4.この人の書き込みは見る・見ないの境目
5.ウェブの動き方が下手な人の特徴と解決策
6.この動き方、致命傷になっているかも?

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?【失敗しないホームペ…
  2. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  3. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  4. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  5. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP