成約の為のウェブの使い方

【ブログ・Facebookで効果大】情報の伝え方と信頼を得る着実な方法とは?


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話
経営者の為のブランディングの作り方

 
 

young_woman_vol10_jpg 029

 つい選んでしまったを行わせる情報発信術とは?


人が何かを選んでしまう情報の伝え方、手法には大きく分けて2つあります

 
 
 
1、一発で伝える
 
2、何度も積み重ねて伝える
 
 
 

 一発で伝える

これはまさに優れたキャッチコピーで  一目惚れにさせるというようなものです。ただこれはかなり難しい

 
理由として、人に何かを伝えるとき、大事なことを伝えようとしても、一度話しただけではなかなか伝わらない。
 
もちろん能力と才能あるコピーライターが作ったキャッチコピーでなら 一発で人を動かせてしまうようなことができるかもしれません。
 
一目見たら、つい振り返ってしまうような、強烈なキーワードが作れれば可能でしょう。
 
 
 
 
ただ、強烈なキーワードを作ることは難しい。
作ったとしても、伝えるタイミングや伝え方が悪いと 一発 では伝わらない。

(もし強烈なキーワードを作りたいなら、こちらをご覧ください)

 
 
 

 何度も積み重ねて伝える

 
そのためにもう一つ手段を考えておく必要あります。
 
 
それが 積み重ねて伝えていく、ということです。
 
 
 
要するに何度も何度も同じ情報を繰り返し伝えていくということです
 
人は一度だけ伝えられたけだと、その情報を認識をしづらいが。何度も伝えられていると頭に残る。
 
 
 
大企業があれだけテレビCMや電車内の中吊り広告などの交通広告を出している理由がこれです。
 
 
 
何度も何度も様々な場所で積み重ねて情報を受け取ることにより、触れている情報の商品をなんとなく選ぶ。
 
そのことを情報を発信する側が知っているからです。
 
 
 
要は接触頻度が多いものが選ばれる。
更に接触頻度が高まると信頼を得やすい
 
 
 
大企業はこの接触頻度を、豊富な資金力で積み重ねていきますが、
中小企業は接触頻度を高めるためにバンバン資金を使うわけにはいかない。
 
 
 
特に、個人で事業をされている方が、広告にバンバンお金をかけるという事はできないでしょう。
 
 
 
広告 をかけるとしても、なるべくこれなら効果があると分かっているものに資金を集中して出していきたい。
 
 
 
ならば、どのようなことをしていけばいいのか?
 
それは、なるべくお金を使わずに効果がある情報の出し方を選定し、
効果が出るのはどのようなものかがわかった上で広告を出すことが有効です。
 
まずはお金を使わずに情報発信をするか、
お金を使ったとしても、なるべく小さく行えばいいでしょう。
 
 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura 
 

 人気記事セレクション

「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
不毛な価格競争を解消できる真のブランディングの正体とは?
それでいいのか?「集客一辺倒に一言物申す」
経営者の為のブランディングの作り方
【必読】これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?
周りから人が離れていく理由と対処法
起業したが売上に繋がらない9つの特徴とは?

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする
  2. 周りから人が離れていく理由と対処法
  3. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  4. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」
  5. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP