売り込まないセールス設計

商売の成功を継続させ続ける法則

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi 初めてこのサイトに 来た方はまず「ビジネス戦略の基礎シリーズ(全5話)」をお読みください

商売の成功を継続させ続ける法則

このステップ、すべて踏んでいますか?

 

信じられないかもしれませんが、

人間とは考えや使う言葉、よく付き合う人、普段目にするものの通りの人間になる。

 

 

実現させたい結果や欲しいものは、

何度も反復して具体的にイメージをし計画を作れば手に入れることができる。

 

 

自分は結局、「途中はキツくとも、最後はいい思いができる」と思っていれば途中はどうあれ最後にいい思いができる。

 

 

紆余曲折があり途中いろいろな障害があるが最終的に良い結果があると思い、言い続けていれば実現する。

 

 

なりたいもの実現させたいことの未来像を明確にイメージして、

欲しいもの得たいものを紙に書き出し

部屋中の壁に書いた紙を貼り、口から言葉を出して読み上げる。

それもできれば毎日だ。

 

なぜか?

 

脳に擦り込むことで脳が勝手にアンテナを張りその答えを見つけようとするからだ。

無意識の部分でもその答えを探し始める。

 

だからこそ こうしていくと、大抵の目標は達成することができる。

 

しかしうまくいかない人、成果が出せない人、

そこそこは行けるが満足した結果がだせない、くすぶっている人はこれをやらない。

 

そんなものは嘘だと思っている

そんなオカルトあり得ませんと言い捨ててしまう

 

 

 

人は、一度言われた事よりも何度も何度も反復して言われ続けることにより無意識的にその言葉が刷り込まれる。

 

人間とは、達成不可能と思ってしまうと頑張ることができない

しかしもう少しで手に入ると思えば驚くほどの能力を発揮する。

 

 

つまり自分の脳みそのコンピューターを錯覚させて、望んでいることが手に入ると確信をする必要がある

 

 

こうしていくと望んでいた結果までに立ちふさがる、苦痛でしょうがない実践や仕事や検証を行うモチベーションが維持できる

 

もし商売で成功したいのならば、まずはなぜ商売で成功しいのか?

そして何のためにその成功が必要で、後に何を手に入れたいのかを明確にすること

 

更にそれができるとどんな生活になるのか具体的に想像していく

 

毎月どれくらいお金が入るのかとか誰と一緒にいられのかどのような楽しみがあるのか

 

思い望んだだけでは成果はつかめないが

まずはイメージをするところから始めないとダメ。

 

さらにそのイメージを何度も反復して刷り込むこと。

 

 

代表の安部は独立起業したときに、達成することを紙に書き、それを部屋中に貼っていた

 

何度も何度も反復して自分のイメージに刷り込み具体的なイメージが湧き起こり、半年後には全て達成していた。

 

 

あなたは企業家として経営者として成果をつかみ富を得たい、くすぶりから脱却したい

何となくモヤモヤした今の状態から抜け出したいと願っている。

 

 

 

そうであるならば、第1段階としてまずあなたの理想と、理想が実現した状態を明確にイメージしていく

そもそもなぜその商売をするのかということをイメージしなければなりません

 

 

第2段階はそれを得るためには何を取り込み学ぶべきかを知る

商売であるならばここに自らの強さと違いを見つけ出す必要があります

これが方針になります

 

 

第3段階はそれを達成する技術を得るための計画を立てる

方針を立てたら、その方針に準じた、お客様から選んでいただくための動き方を行う必要があります

 

 

 

第4段階は技術を習得し正しい技術正しい知識を身に付ける

お客様から選んでいただくためにブログを書く必要があるならばブログを書く技術を

チラシやポップを書く技術が必要ならばその技術を身に付ける必要があります

 

 

第5段階は新しい技術を支える精神力メンタルの重要性に気がつきメンタルのの訓練を始めていく

商売を行っていくうちに様々なことが起こります

逆境が起こったときにそれをそれに耐えうる精神力が重要となってきます

 

 

正しい知識 正しい技術 耐えうる精神力の全てが手に入ったときに成果が出せる経営者となります

 

ところが大抵、自分が何をしたらいいのか、方針すらない人は他の段階を無視して

どうやったら簡単に集客できるか、どうやったらお金にできるか儲けられるかだけを知りたがる

 

 

そのため奥行きのない表面だけを取り繕った薄っぺらな商売になるし、

薄っぺらな商売では1度はうまくいったとしても、継続的に利益を出し続ける事は出来ない

お客様は馬鹿ではないから時間が経てばメッキは剥がれて離れていってしまう

 

 

独立起業していくというのは、

あなたの経済的自由や、自分を表現するための1つの道具でしかありません

 

 

そして、経済的自由だって豊かな人生を送るための1つの手段でしかありません

 

 

どう生きていきたいのかどうありたいのかこれが明確にして人にビシッと話せる位にならなければなりません。

 

 

 

ここまで来るとあらゆる段階でぶつかる困難に対する強力な力になります

 

逆にここで強烈な力が得られなければ何かの困難に対して簡単に折れてしまう

 

私の周りにいる成果を出している人、長年商売をし続けられる人たちの共通点が以上のことです

 

ではこの5つの段階を全て満たすことがを、短期間で習得する方法があります

 

それは次のページにて

>>次のページ 強さと違いを作り、お客様から選んでいただくセールス設計を行うには

【選ばれるために必要な、強みと違いの作り方シリーズ】

① 強さと違いの両方を作る理由 

② 強さの出し方と強みを出す時の盲点

③ 違いの作り方と作り出す理由

④ 3C分析の本当の目的とは?

3C分析 その1 お客様を知る

3C分析 その2 自社を知る 

3C分析 その3 競合を知る 

⑧ 選ばれる為の、最高の質問はこれだ! 

選ばれるために必要な、強さと違いの作り方・活かし方のまとめ
⑩ 商売の成功を継続させ続ける法則

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura  

まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

「マーケティング」を一言で言うなら?そのシンプルな答えとは?
『マーケティング戦略に一番重要なもの』意外に見落としがちな盲点①
『警告!マーケティングは戦術よりも戦略から』意外に見落としがちな盲点②
ブランディングの極意とは?(3本の矢と2つのキラーポイント)
それでいいのか?「集客一辺倒に一言物申す」

 

ご案内

→ホームページ作ったけれど、これでいいのか診断して欲しい!詳しくはコチラ
→そもそも、ハイブリッドマーケティングラボとはどんなところ?
→売り込まないマーケティング戦略セミナー動画 リアル&ウェブ編 公開中
→お問い合わせ、ご質問はコチラ

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  2. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  3. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」
  4. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  5. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?【失敗しないホームペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP