成約・集客の為のWEBの使い方

『陥るな!SNSへの過度な期待と淡い幻想』

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

売り込まないセールス設計 
クロージング戦略マーケッターの安部です 

 インスタグラムの波~

 インスタグラム
昨今モデルさん、芸能人を中心に盛り上がりってて
まだユーザー数は1000万を超える程度だが、
一番伸び率の高いビジュアルSNSのインスタグラム
 
昨日、電話である通販会社よりインスタグラムでの
販売促進契約をしたいとの連絡が。
 
実はその会社これまでSNSなどはあまり使ってこなかったこともあり、
いきなりインスタグラムの話を頂きちょっと驚きでもあったが、
やはり勢いというか時代の流れもあってか、
それだけインスタグラムの注目度は高いのだろう。
 
最近はFacebook広告も利用者が増え、
大手の参入も多くなり獲得コストもだいぶ高くなってきているし、
費用対効果が下がってきているのも事実。
 
そんな中、全ての業種に向いているわけではないが、
ビジュアルを訴えかけられるものであれば、
インスタグラムの利用も効果的。
 
しかし、あくまでツールとしての活用なので、
いかに成約までの設計がきちんと出来ていて、
その上でいかに有効的に使うかが重要で、
これが出来てないと結局その労力は
無駄になってしまうことが多い。
 
インターネット業界はブームや話題性で一攫千金の
幻想を抱きやすい世界でもあるが、
そんな虫のいい話はそうそうない。
 
インスタグラムを使えば上手くいくのではなく、
この戦略設計だからインスタグラムが必要という
使い方でなければならない。
 
インスタグラムに何とかしてもらおうとかの
淡い期待はまずしないほうがいい。
FacebookやTwitterもしかり。
 
SNSはあくまでツール、
それを紐解く「キー(鍵)」がなければ、
望むべき本当の効果は達成できないとこが多いでしょう。
SNSの幻想
 
正確には成約を見据えた設計を考え、
そのうえでそのようなSNS戦略が効果的なのかを考える必要があります。
どうしても小手先のツールありきな訴求が多いですが、
足元をしっかり見据えて何が正しく、何が自分位必要なのかを考える必要があります。
 
またこれからはやりのツールをベースに
インスタグラムコンサルタントやインスタグラムで売上UPとか謳う宣伝文句も、
見受けられるだろうが、重要なのは惑わされずに
自社のビジネスに必要なものはどのメディアかということを見極めること。
 
今一度自社のビジネスを見直し、何が強みで何が他社と違うのかを明確にし、
自社の業種に何が必要か、しっかりそこを見極めてメディア選びをすることが
結果につながりやすくなると言えるでしょう。
 

売り込まないセールス設計 
クロージング戦略マーケッターの 安部由宇輝
安部由宇輝のfacebook 安部由宇輝のGoogle+ 

 

SNSの大いなる期待と幻想

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  2. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  3. 「マーケティング」を一言で言うと?そのシンプルな意味・答えとは?
  4. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?【失敗しないホームペ…
  5. 商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP