インターネットそれダメシリーズ

【インターネットそれダメ8選その2】 行ってはいけない表現・顔文字

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

売り込まないセールス設計 成約設計ウェブマスターの山崎です

インターネットソレダメ8選02

気をつけないと結構やりがちかもしれません

 インターネットそれダメシリーズ

その1 安易にプライベート情報を流出させない
その2 行ってはいけない表現・顔文字
その3 ひたすら自分語り
その4 他人の著作物の扱い方
その5 やってはいけない「けなし方」
その6 変わりばえのしない書き込み内容
その7 ブログ、SNS上でしてはならない話題
その8 「まずい認識」誰が見ている?(作成中)

 

 インターネット上で使ってはいけない顔文字

インターネット上で使ってはいけない顔文字の表現があります。
 
一般的にはあまり知られていないけれども、知ってる人は知っているので、避けた方が良い顔文字というのがあります。
 
いわゆるネットスラングというやつですね。使用を避けた方が良い顔文字はこちらです。といっても1つだけなんですが。
 
 
 
(^p^)
 
 
 
 
この顔文字をコピペしてGoogle検索をしていただくと意味がわかるかと思います。
 
面白半分でこの顔文字を使用して差別的な書き込みをしている方が多くいられるので。この顔文字を使うこと自体が非常に危うい環境にインターネット上ではあります。
 
 
 
インターネット上で知らずに行った表現が、余計ないさかいを引き起こしてしまうことがありますので、スラングという所にも注意を置いておきたいところであります。
 

 インターネットそれダメシリーズ

その1 安易にプライベート情報を流出させない
その2 行ってはいけない表現・顔文字
その3 ひたすら自分語り
その4 他人の著作物の扱い方
その5 やってはいけない「けなし方」
その6 かわりばえのしない表現
その7 フォローを外したくなる書き込み (作成中)
その8 「まずい認識」誰が見ている?(作成中)

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかす…
  2. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  3. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする
  4. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  5. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP