ブランディングの使い方

【強みと違いの活かし方③】商品の良さがわかってくれないと嘆く前にこれをやってみよう


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話
経営者の為のブランディングの作り方

自分の商品の良さがわかってくれないと嘆く前に、まずはこれをやってみてください

 強みと違いの活かし方シリーズ目次

1.動き方を地に足を着けたものにする
2.商品を選ぶ理由が曖昧だとダメなんです
3.商品の良さがわかってくれないと嘆く前にこれをやってみよう
4.この人の書き込みは見る・見ないの境目
5.ウェブの動き方が下手な人の特徴と解決策
6.この動き方、致命傷になっているかも?

 

商品の良さがわかってくれない人にありがちな事

 

 

「なんで(自分の商品の良さが)わかってくれないんだ!」

 

 

「みんなバカなんじゃないだろうか?」

 

 

これを叫んでいる方がいました(実話)

 

 

 

でもその人と話をしてみると、

 

 

すごく専門用語が多い

 

 

 

その人は誰に対しても自分の話や使っている単語の意味が通じると思って話しているが

残念ながら通じない。

 

 

その人曰く、

自分は幼稚園生でもわかるような言葉で話していると言うが、

もはやその人自身がその人の周りの詳しい人にしかわからないような言葉で話をしている。

 

 

 

全く興味のない人をどうやって振り向かせるのかということに関して、

全然、方針を持っていない。

 

 

 

まずは批判されるのを恐れずに、

いやもう批判されるのを前提で、

自分のところの商品に詳しくない人に対して話をして、

理解ができるのかどうかチェックしてみるのが、

相手に伝える言葉の使い方を身に付けるのに役に立ちます。

>>次のページ この人の書き込みは見る・見ないの境目

>>前のページ 商品を選ぶ理由が曖昧だとダメなんです

 強みと違いの活かし方シリーズ目次

1.動き方を地に足を着けたものにする
2.商品を選ぶ理由が曖昧だとダメなんです
3.商品の良さがわかってくれないと嘆く前にこれをやってみよう
4.この人の書き込みは見る・見ないの境目
5.ウェブの動き方が下手な人の特徴と解決策
6.この動き方、致命傷になっているかも?

 

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ 成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+  山崎twitter

 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura 
 

 人気記事セレクション

「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
不毛な価格競争を解消できる真のブランディングの正体とは?
それでいいのか?「集客一辺倒に一言物申す」
経営者の為のブランディングの作り方
【必読】これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?
周りから人が離れていく理由と対処法
起業したが売上に繋がらない9つの特徴とは?

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  2. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする
  3. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事
  4. 周りから人が離れていく理由と対処法
  5. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP