売り込まないセールス設計

ホームページを作るときに1番最初に行う超重要なこと

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%ab1%e7%95%aa%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%86%e8%b6%85%e9%87%8d%e8%a6%81%e3%81%aa

 ココを抜かすホームページは使えないことが多い

ホームページ・およびランディングページを作り始めるときに、何を最初に作ればいいのか?

これはコンセプトとか、その辺の話は置いといて、

ホームページ・ランディングページそのものを作るときに何を最初に作ればいいのかというお話なのですが。

結論を先に言ってしまうとホームページ・ランディングページを作り始めるときに1番最初に作るのは

 

お問い合わせにつなぐポイント(メールフォーム・電話など)

決済ページ

これら、読み手の側が来る一番最後の場所を最初に作ります

ミスなくきっちりとお申し込みや決済が行えることを最初に確認することが何よりも大事です。

 

 最後の受け皿の場所を最初に作る理由

これはなぜか?

どんなに上手に広告をかけて成約率の高いホームページ・ランディングページを作成したとしても、お申し込みメールフォームの段階でミスがあると全てが台無しになってしまうからです。

そもそも決済などの受け皿に不具合があるような形になっていたらホームページ・ランディングページの意味がなくなってしまうので。

このような意味で、ホームページ・ランディングページを作る段階でまず番最初に行うのはお申込みフォームおよび決済ページをミスなく作り上げる。

これはお申し込み後の自動返信メールも合わせて、自分で申し込みテストをしてオーケーを出した上でリリースするようにしていきます。

これならば、ホームページ・ランディングページを作成した後にお申込みフォームでミスをしていたということがなくなります。

結論です!

ホームページ・ランディングページを作成する時はまずお申込みフォーム及び決済ページを最初に作ってミスがないかをテストする。

そして、作成したホームページ・ランディングページはお客様にたどり着いてもらう、見つけてもらう必要があります。
さてそのやり方とは? この記事でお伝えしています。

 

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに…

 

 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 「マーケティング」を一言で言うと?そのシンプルな意味・答えとは?
  2. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  3. 商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかす…
  4. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」
  5. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP