失敗しない起業家診断

上下関係をものすごく気にする人と全く気にしない人 両パターンの人がいますね

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

上下関係

上下関係をものすごく気にする人と上下関係を全く気にしない人
両パターンの人がいますね

さてそもそも上下関係とは何か?
Googleで調べると、おおよそこのような意味で表現されている。

上下関係(じょうげかんけい)とは、社会的な力が上のものと下のものとの関係である。

確かに上下関係は、年齢役職、実力、ネームバリューなど、何らかの社会的な関わりがあって初めて生まれるものでしょう。

ここでは、上下関係を気にする人と、気にしない人、両者の場合の利益と不利益
これらの両方を見ていくことにしていきます

 

上下関係を気にする人の利益

上下関係を気にする人の利益は、まずなんといっても、目上の人から気に入られやすいというのがあります。

特に日本はなんだかんだ言っても「年齢」と言うものは気にされやすいというもの。
これは年功序列の概念が、根強い風土だからかな、というのがあるかもしれません。

あなたがもし年上の人を相手にするのであれば年上を敬う、尊敬する、なめた口をきかない、
これらをやっておけば、世渡りに関しては何とかなりやすいでしょう。

しかし、上下関係を気にする場合、目下の人、年下の方、などに対しては不利益を超え被ってしまう場合があります

上下関係を気にする場合の不利益とは?

これは、上下関係を強く気にしすぎる場合にフォーカスして見ていきましょう。
実際に、上下関係を意識しすぎてしまう方は、この不利益を考えてみてもいいかもしれません。では本題に入りましょう。

自分より力量がある方の事は素直に尊敬します。
その道を極めた方や、自分にはない自分にはできないような専門性の高い知識や技術能力を持っている方には一目置いて接する人でしょう。

しかし逆に、仮に本来であれば周りから見たら目上に見なければならないような相手であっても、その自分自身よりも力関係に於いて力不足だなといつも思ってしまうと、はっきりと見下す態度が出てしまうことがあります。このはっきりと見下す態度というのが非常に厄介な事件を起こす場合があります。

私の今までの経験ですとそのような方は、自分よりもしたらと思った方が自分自身の家に沿わない事を起こしてしまうと、凄まじく相手を罵倒したり非難をしたりたとえ事実を曲げてまでも相手を糾弾するようなことを行ってきます。

上下関係を気にするつまり力関係を気にする方は明らかに目上と認めた方に対しては非常に円滑なコミュニケーションをとることができ、世の中うまく渡っていくことができますが。
自分よりも力がしたと思ってしまった相手に対しては非常に評判が悪くなる。

そのため若いうちは目上の人から上へと引っ張ってくれるでしょうが、だんだん歳をとり役職がつく頃にはもしかしたら危うくなる場合があります。

このようなタイプの方へのアドバイスを考えるとするならば、自分自身が目下の人たちを目下の人と認めた方とコミュニケーションを取るよりは誰か目下の人たちとうまくコミュニケーションを取れる力関係上尊敬できる方と組んで活動するのが良いのではないかと考えています。

上下関係を気にしない人の場合の利益

上下関係を気にしない人の利益を改めて分析していくと

これは上下関係を気にする場合の方とも逆で目下の人たちから慕われやすいと言う傾向にあるかと考えています。

上下関係を気にしないと言う事はフラットな関係を築くことができるので、
兄貴分や姉御肌のような感じをもたれるでしょう。

上下関係を気にしない方はこのように考えています
「人間と言うものはなく結局のところ同じ人間なのだから上も下もないよね」と
この考え方自体は悪いものではありません。

目下の方からしたら付き合いやすいついて行きやすい人に見られるでしょう。

別の言い方をすると、偏りのない平等な方と言えるでしょう。

上下関係を気にしない方の場合の不利益とは?

上下関係を気にしない方と言うのは、肩書にとらわれる事はせず、誰にでも平等に接するとも取れるでしょう。

平等なので差別はしません。

それがどんなに名声を得た人であろうとも、普通の人であろうとも、上下を作らない。

しかし目上の方、特に上下関係を気にする傾向に会う目上の方からしたらどうでしょうか?
あまりにフランクに接してくるために、
ちょっと気にしなさすぎな態度じゃない?
図太いなぁ
なんだこいつ随分と率直に言ってきおる

平等であるという事は素晴らしいことでありますが、上下関係や力関係権威に踊らされることなく、あくまでも正統派の姿勢を貫いて、正々堂々と世論を述べていくところがあるので、
このようなポイントでこのような点で目上の人からは、敬遠されてしまう場合があるでしょう。

以上、上下関係を気にする方気にしない方の利益と不利益でした

あなたは上下関係を気にする方でしたでしょうかそれともしない方でしたでしょうか?
どちらにしても過ぎたるは及ばざるがごとし。
自分自身の傾向を考えてみて目上の方からの印象はどうなのか目下の人からの印象だが、それぞれ考えた上でうまく自分自身が世渡りできるポイントを考えていきましょう。

 

 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする
  2. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法
  3. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  4. 「マーケティング」を一言で言うと?そのシンプルな意味・答えとは?
  5. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP