非常識な売り方は異業種に学べ

ダイソンのマーケティングしないマーケティングとは?


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話
経営者の為のブランディングの作り方

ダイソン

「ダイソンに学べ、マーケティングの本質はマーケティングリサーチ」

このところ、家電製品で革新的な商品を出し続けている、

今となっては日本でもサイクロン掃除機でお馴染みのご存知「Dyson」。

個人的にはダイソンには、深い思い入れがり、

あのデザインに一目惚れしてダイソンの掃除機を衝動買いしてからかれこれ17年も経つ。

今でこそどの家電量販店でも取り扱ってますが、

当時はほとんど買えるとこもなく、秋葉原でも一件あるかどうか。

もちろん当時は誰も知らなかったしこんなに日本で有名になるとも思えませんでしたし、

ましてやサイクロン掃除機自体が日本メーカー各社が参入するまでに至るほどの1大勢力になるとも

その時は思ってもみませんでした。

掃除機から始まったダイソンは、その後扇風機や空気清浄機、ハンドドライヤーなど、

近年、勢力的に新製品を開発しています。

全盛期のSONYを彷彿とさせる勢いとエネルギーを感じます。

優れたプロダクトとしてはApple社にも負けないのではないでしょうか。

実はジェームズダイソンも、スティーブジョブズも共にSONYの大ファンで尊敬し愛していたようです。

その今や業界に一石を投じるような革新的な商品を独自の視点で創出しているダイソン。

さて、その秘密は?

ダイソン開発のポイントを

「マーケティングをしないこと」だといい、

社内でも「マーケティング」と言う言葉を一切使わないという。

ひたすら消費者に向き合いリサーチにリサーチを重ね消費者の声を製品に活かす。

しかし、このリサーチこそマーケティングの一番重要な部分で、

マーケティングリサーチなくしてマーケティングは成立しないと思えるほど、

リサーチの重要性は、筆者もよくお話しさせて頂きます。

実はこれぞリアルマーケティングとも言えます。

マーケティングをしないという事で、

マーケティングに縛られない、

そして消費者にしっかり向き合いリサーチに徹するということが、

無意識に最強のマーケティングを作り上げていると言えるのではないでょうか。

分からなくなったら「お客様に聞け」と

コンサルティングなどの場ででよく言いますが、

正にダイソンはこれを昔から粛々とやっている企業ではないでしょうか。

更にジェームズ ダイソン財団を設立し、

次世代のエンジニアの支援、育成にも余念がないようです。

貴方が、もし世に出したいプロダクトがあるなら募集してみてはいかがですか?

今後はロボット掃除機を世に送り出すようです。

ダイソンならではのロボット掃除機、どのようなものになるのか?

楽しみですね。

※参照記事

https://m.newspicks.com/news/933845/?dl=false

 

商品はあるが
売り方わからない方向けの記事

不毛な価格競争から脱却するためには?
「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
信頼獲得と大きな利益を作るには?
商品はあるが、売り方や魅力的な伝え方が分からない時に使える「ある質問」とは?
これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?

個人事業主向けの記事 

まだ実績が無い個人事業主の最初の実績の作り方と顧客獲得の仕方
個人事業主の方へ:Facebookで信頼を落とす書き込み内容とは?
起業したが売上に繋がらない9つの特徴とは?

交流会の会話の中で最も重要な要素は何か?
個人事業主で商品が無い場合の問題点と対処法とは?

この状態ではセミナーに行ってはいけない7つの特徴

ご案内


この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
⇒ このブログは人気ブログランキングで今何位?クリックして応援する
⇒   ブログ村では今何位?クリックして応援する

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 知らないと大損するホームページ制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  2. 経営者の為のブランディングの作り方|ナンバーワン×オンリーワンが信頼と利益を作る…
  3. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」
  4. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  5. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP