成約の為のウェブの使い方

レビュー効果に学ぶ!評価がお金を産む「評価市場」をモノにせよ


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

 

評価をモノにする

評価をモノにする

 

インターネット時代の到来で大きく変わったこと、それは

従来の大手中心のマスメディア型の発信中心のマーケティング手法から

ソーシャルを中心とした新しい評価市場に変化したということ。

評価市場って?(詳しくは後ほど)

上記にも記述した通り今のソーシャル化された市場では、
ただ無作為に発信する一方通行でお金をかけた圧倒的な広告だけが絶対的なものでもなくなってきています。


既に多くの方が他人の商品レビューを参考にされて購入のきっかけにされているのではないでしょうか。
派手な宣伝より同質の悩みをもった方の商品レビューやリコメンドは、
お金をかけた宣伝よりよっぽど、購入したい人の感情に響きます。

例えば、

洋服一つとってもモデルさんが着て可愛いのは当たり前、
だからこそ自分が着たら…とかの方が気になりますよね。

ようは、これはモデルさんだから可愛い、自分には似合わないそう思っても仕方ない。

そんな時、自分とよく似た背格好、体型の人がその服を自撮りしていて、

似合ってるだけでなくその商品を絶賛していたとしたらどうでしょう?

その人はかなりの確率で買うはずです。

携帯一つとってもソフトバンクのエリアが最近は拡大していいとは聞くけど、
今一つ切り替えに乗り切れない時にたまたま同じ地域の人がよく電波入りますと

コメントしたりすれば確実に興味から行動に移す大きなきっかけにはなります。

同じ環境、同じ悩み、同じ嗜好などをもっている人達のコメントの方が

芸能人より「共感」を生みやすいと言うことです。

もちろん、憧れという「興味」で購入することも否定しません。
となるとそういった同じカテゴリーのユーザー達にいかに評価され、
それをどう広げるかが重要性ポイント。

 

イメージだけでなく評価と言う視点が消費者の絶対的な購入動機になりつつある今、
リアル店舗でさえ購入前に検索して調べてから買うなんでことも当たり前の時代、
ある種、買う側には、ネットもリアルもその垣根は無くなってきているのも事実。

でも、

そうやってネット上でのレビューなどが支持されながらも

実際はまだまだリアル市場の方が大きいのも事実です。
しかし今後は、

選ぶ側はリアルだとかネットだとかの垣根はだんだんなくなり、

どちらも選択肢の一つになっていくことはまちがいないでしょう。

 

ネットでもリアルでも「高評価」が人を呼び、
顧客化させることを考えると

 

正にそれは、

「評価市場」

といえ、だからこそ、

「お客様の評価がお金を生み出す時代」

とも言えるのではないでしょうか。

 

ソーシャル化した今、評価される店舗にならなければ、
中々生き残れない時代でもあるかもしれません。

もちろんお店に限らず今や企業&個人ブランディングにおいても同様のことが言えます。

しかし、逆に考えると評価がお金を生む時代だからこそ、

大手企業の出来ないインバウンドマーケティング🔗戦略で十分差別化出来き、

個人レベルでもチャンスは十分にあると言えるでしょう。

 

評価市場をものにするということは、

いかにレビューしてもらいやすい環境を作るのか、

そしてレビューをいかに成約に繋げていけるのか、

これが成約設計の重要な一つとも言え、

それを踏まえ自身のビジネスモデルにどう組み込んで活かすのか

が必要なポイントと言えるでしょう。

 

インバウンドマーケティング戦略🔗及び評価を生むために必要なものとは?

選ばれるための強さと違い🔗をものにし、

市場性と差別化で圧倒的なポジショニングを作り上げ、

勝てるブランディング🔗を確立すること。

 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura 
 



★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

 

初めてこのサイトに来た方はまずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 起業家の為のブランディングの作り方|ナンバーワン×オンリーワンが信頼と利益を作る…
  2. 「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
  3. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法
  4. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  5. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP