売り方(ビジネスモデル)の事例集

評価市場はお客様がマーケティング


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話
経営者の為のブランディングの作り方

評価市場はお客様が作る

急速に広がるソーシャル化した市場について。

最近、FacebookやTwitter、ブログ上などでもお店の紹介や食べ物、商品、体験などの投稿を

見ない日はないのではないかと思います。

今更ながら、ソーシャルメディアの普及に伴ってお客様自らが触媒になって発信者になり、

それを見た共感者がイイねをしたり、

シェアしたりし更には自身のお買い物や行動に役立てている人も少なくないのではないでしょうか。

そう考えるとある意味でこういった投稿は無料の信頼のおける広告とも言えます。

更に言えば、

使ってみたい、行ってみたい、食べてみたいと言う衝動になるには、

ある種 損した話や体験ではなく、

「美味しかった」「お買い得だった」「楽しかった」などの得した話に興味を持ち、

より共有したいのだろうと思います。

そう考えるとこれまで自分達でプロモーションを考えてた企業広告ではなく、

いかに評価され、いかに広めてもらえるか、

この点をよく考えなくてはいけないし、

お客様が取り上げやすいという視点も必要だろうと思います。

通販ではAmazonに代表されるレビューなどは、

もはや当たり前でどの企業も取り入れつつあります。

つまり、当たり前だがお客による「評価」が他の人の「消費」に影響を与えていて、

高評価が集まる商品はより消費されるようになり、

低評価の商品は消費されにくくなる。

つまり、評価マーケットが自然と形成されているわけです。

しかし、リアル店舗ではまだまだそういった取り組みはなされていないのも現状です。

食べログじゃらん価格ドットコムと言った今や上げればきりがないほどの評価サイトが

人気なのもそういった理由からだと思います。

ようは、WEB上にある評価が消費先を決める重要な情報源になっているとも言えます。

今や、マスメディア型よのうな“いかに上手い売り文句や謳い文句を言うか”ではなく、

“いかにお客に評価されるか”で、

評価を消費の判断基準するのは当たり前になってきていると言えます。

今の消費社会は、

評価が消費を左右する評価社会ともいえ、

それが、これからのマーケティングにおいて重要になってきます。

いかにお客様に評価されるかそしてどう商品を結びつけるか、

大企業においては元々商品とマーケティングは別々なセクションで取り扱わられてたりしますが、

評価市場になると商品とマーケティングはより密接な関係になってきており、

いいものが評価される時代になったともいえるかもしれません。

逆に言えば、このソーシャルの時代はスモールビジネスをしている経営者にとっても

大きなチャンスとも言えます。

だからこそソーシャルマーケティングが重要性を強めてきていたり、

ソーシャルをうまく使うことで小回りの効かない大手企業の出来ないことで

お客様に評価されることをやれば必ず成果が出るという事でもあります。

ソーシャルと連動させてWEB戦略を行い、ホームページやランディングページを作る事が、

これからの時代に合ったもので、総合的にWEB戦略を考えなければ、

結果を出すことが以前に比べ難しくなっているということも言えます。

考えてみるともうマーケティングはお客様がやる時代になってきたとも言えます。

お客様にいかにマーケティングをさせるか、

これが今後のホームページ、ランディングページ制作のキモとなってくるは違い有りませんね。

 

商品はあるが
売り方わからない方向けの記事

不毛な価格競争から脱却するためには?
「マーケティング」の悩みが一瞬で解決できるたった一言とは?
信頼獲得と大きな利益を作るには?
商品はあるが、売り方や魅力的な伝え方が分からない時に使える「ある質問」とは?
これが出来てないから商売にならない!その陥りやすい罠とは?

個人事業主向けの記事 

まだ実績が無い個人事業主の最初の実績の作り方と顧客獲得の仕方
個人事業主の方へ:Facebookで信頼を落とす書き込み内容とは?
起業したが売上に繋がらない9つの特徴とは?

交流会の会話の中で最も重要な要素は何か?
個人事業主で商品が無い場合の問題点と対処法とは?

この状態ではセミナーに行ってはいけない7つの特徴

ご案内


この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
⇒ このブログは人気ブログランキングで今何位?クリックして応援する
⇒   ブログ村では今何位?クリックして応援する

↑トップページに戻る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ar

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

売り込まないセールス・集客設計のツイート

PAGE TOP