yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

評価市場はお客様が作る

急速に広がるソーシャル化した市場について。

最近、FacebookやTwitter、ブログ上などでもお店の紹介や食べ物、商品、体験などの投稿を

見ない日はないのではないかと思います。

今更ながら、ソーシャルメディアの普及に伴ってお客様自らが触媒になって発信者になり、

それを見た共感者がイイねをしたり、

シェアしたりし更には自身のお買い物や行動に役立てている人も少なくないのではないでしょうか。

そう考えるとある意味でこういった投稿は無料の信頼のおける広告とも言えます。

更に言えば、

使ってみたい、行ってみたい、食べてみたいと言う衝動になるには、

ある種 損した話や体験ではなく、

「美味しかった」「お買い得だった」「楽しかった」などの得した話に興味を持ち、

より共有したいのだろうと思います。

そう考えるとこれまで自分達でプロモーションを考えてた企業広告ではなく、

いかに評価され、いかに広めてもらえるか、

この点をよく考えなくてはいけないし、

お客様が取り上げやすいという視点も必要だろうと思います。

通販ではAmazonに代表されるレビューなどは、

もはや当たり前でどの企業も取り入れつつあります。

つまり、当たり前だがお客による「評価」が他の人の「消費」に影響を与えていて、

高評価が集まる商品はより消費されるようになり、

低評価の商品は消費されにくくなる。

つまり、評価マーケットが自然と形成されているわけです。

しかし、リアル店舗ではまだまだそういった取り組みはなされていないのも現状です。

食べログじゃらん価格ドットコムと言った今や上げればきりがないほどの評価サイトが

人気なのもそういった理由からだと思います。

ようは、WEB上にある評価が消費先を決める重要な情報源になっているとも言えます。

今や、マスメディア型よのうな“いかに上手い売り文句や謳い文句を言うか”ではなく、

“いかにお客に評価されるか”で、

評価を消費の判断基準するのは当たり前になってきていると言えます。

今の消費社会は、

評価が消費を左右する評価社会ともいえ、

それが、これからのマーケティングにおいて重要になってきます。

いかにお客様に評価されるかそしてどう商品を結びつけるか、

大企業においては元々商品とマーケティングは別々なセクションで取り扱わられてたりしますが、

評価市場になると商品とマーケティングはより密接な関係になってきており、

いいものが評価される時代になったともいえるかもしれません。

逆に言えば、このソーシャルの時代はスモールビジネスをしている経営者にとっても

大きなチャンスとも言えます。

だからこそソーシャルマーケティングが重要性を強めてきていたり、

ソーシャルをうまく使うことで小回りの効かない大手企業の出来ないことで

お客様に評価されることをやれば必ず成果が出るという事でもあります。

ソーシャルと連動させてWEB戦略を行い、ホームページやランディングページを作る事が、

これからの時代に合ったもので、総合的にWEB戦略を考えなければ、

結果を出すことが以前に比べ難しくなっているということも言えます。

考えてみるともうマーケティングはお客様がやる時代になってきたとも言えます。

お客様にいかにマーケティングをさせるか、

これが今後のホームページ、ランディングページ制作のキモとなってくるは違い有りませんね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る