非常識な売り方は異業種に学べ

遂にLINEもeコマース本格参入

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

「遂にLINEも本格参入!」

何かとお騒がせなLINEの昨日発表された新戦略。

少し映像を見ましたが、

発表会のスクリーンに映し出されたのは、

魚や果物と、それをスマートフォンで撮影する生産者の姿。

どんなサービスかと言うと

個人的に感じたのは生産者と直接組んで最近成功している直販店型の進化版ネット通販。

「産地のものをどんどんスマートフォンと直接つないでいく」

と言うように、遂にスマフォでとれたての野菜や魚などを、

スマートフォンで簡単に購入できるようなると言うこと。

年内中にスタートの予定だが、

こんな時代が

これまでの戦略とは全く違った新たなる戦略だが、

そこには、伸び代の高いEC市場を見据えての事で、

また、その購入方法がスマフォからが多くなってきているのも狙いの一つ。

EC市場は今年2月に16兆円を越えると発表があったが、

今年中には17兆6000億円になる予想。

たった一年で1兆6000億円もの伸びを占めるのだからこの勢いはとどまることを知らない。

正にそんなところに万を時して白羽の矢を立てたのではないでしょうか。

LINE自体eコマース参入は昨年の12月だが、

新戦略を持って本格参入するようだ。

今後、「LINE MALL」のサービスを強化し、

LINEの友人グループでまとめ買いすることで割引となるサービスや、

購入した商品を友人らにギフトとして送れるサービスなども始めるという。

正にリアルで成功している好例をまんまネットに取り入れてくるのだから、

かなり強力です。

今やネット購入はパソコンを通じてよりも、

スマートフォンを通じて買うケースがはるかに多くなっているのは間違いないでしょう。

スマフォのパソコンにはない魅力が手軽に出来るスピード感

モノの売り方を変えながら進化していくスマホを使ったeコマース。

ますますリアルとの垣根のない購入者にとっては一つの選択として、

ますます生活に根づいていきそうです。

実店舗経営者も「ウチはリアルだけ」と言うようなことが言えない位、

今後はリアルと併用したWeb戦略が必須になってくるのは、

間違いないと言えるでしょう。

今後、益々ユーザーの選択肢が広がっていくなかで、

顔が見えないというネットのデメリットを

いかに便利かつ安心感をもって使えるかのイメージを打ち出していく必要があるでしょう。

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  2. 「マーケティング」を一言で言うと?そのシンプルな意味・答えとは?
  3. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法
  4. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  5. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP