あえて余分を削ぎ落とし、一つの価値観を高める方法【ハイグレード素泊まり】


yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

ハイグレード素泊まりって言葉ご存知ですか?

少し前、検索ランキングでも上位にきていたワード。

高級化の流れを取るところは、

痒いところに手が届くようなサービスや

豪華なお食事などで差別化を図り、

もちろん建物などのハードな部分においてのこだわりも含めて、

質の高いサービスをプラスして高級感をうたっていることろが大半。

そんな中、この「ハイグレード素泊まり」なるものは、

余分なサービスを削ぎ落とした上で、

上質な空間だけを提供することで安さを実現しているというもの。

ようは、通常なら食事を提供するだけで料理人やスタッフも含めて雇う経費や

材料費、調理場などにかかる費用など、

一切そう言ったのもをなくすことで、

人件費その他のコスト削減分を、

空間に還元し、

「空間、居心地」というとこに高級感を見出しているのが、

このハイグレード素泊まり。

ユーザーには、せっかく新しいとこに来たから、

散策しながら食事処も探して食べたいなどのニーズもあるだろうし、

ホテルは寝るだけと捉えているが、

やはり居心地がよく高級感がある方がいいというニーズを

正に捉えているのがこのパターン。

同じ高級感という演出なのに、全く違う。

この、違いは通常のビジネスにもすぐ置き換えられる

転換ビジネスとしては活用しやすいビジネスモデルかも。

人によっては与えられるサービスがどんなに良くてもそれがベストでは無く、

「シンプル イズ ザ ベスト」

という考え方で、

高級感や表現したい一つのテーマだけを提供しつつリーズナブルさを実現することで、

同じ市場でもまた違った需要喚起が可能になるということですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る