yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください
ビジネス戦略の基礎シリーズ
経営者の為のブランディングの作り方

売り込まないセールス設計
クロージング戦略マーケッターの安部です  ポジショニングマップ安部

ピークエンド効果ってご存じですか?

「人は去り際が肝心」とよく言いますが、

正にその通りで最後の印象の部分を言います。

去り際には、その人の人間性がもろにあらわれてしまうことがあり、

この「去り際」の印象よくすることで、

自分(お店&会社)の人間性や信頼性も高く評価してもらえるということなのです。

商売で考えると最後の印象が良ければそれだけリピーター率も高くなるということになります。

旅館などの行くと帰りに女将さん含め全員でお見送りしたりしますよね、

これって正にピークエンド効果を高めるものです。

最近は通常のショッピングセンターでも多く見受けられるようになりましたが、

店員さんが通路までお見送りしていただいたりしますよね。

あれもピークエンド効果を狙ったものですが、

差別化という意味では少し弱いかもしれません。

店員さんが全員でてきて列をなしてお見送りとなれば、

効果は変わってくるのかもしれません。

ここ数年、お見送り意外でピークエンド効果を狙って

ホテル、旅館でやっているのが豪華朝食プラン。

帰る直前の最後のサービスだからこそ、めいいっぱい力を注ぐ。

でもこれがウケている。

実施している店舗は好調でリピーター率も高い。

旅館を去る最後のお客様へのおもてなしがこの朝食。

こんなに美味しくて豪華ならまた来たいと思わせてしまう

正にお見送りに変わるインパクトの強いピークエンド効果ではないでしょうか。

お客様との最後のふれあいのひと時をどうあるべきかを考え、

ビジネスにピークエンド効果を取り入れることができれば、

貴方のビジネスが加速するかもしれません。

 

売り込まないセールス設計 
クロージング戦略マーケッターの 安部由宇輝
安部由宇輝のfacebook安部由宇輝のGoogle+

 

ピークエンド効果を狙え

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別投稿記事数宇

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る