ビジネス戦略の基礎シリーズ

ブランディングの極意とは?(3本の矢と2つのキラーポイント)

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

信頼と利益を生み出すブランディングとは?

信頼と利益を生み出すブランディングとは?

 

 ブランディングとは?


ブランディングとは?

「信頼と利益を生み出すもの」 

選ばれるために必要なものは「強さ」と「違い」。選ばれるブランドとはこの二つをほぼ兼ね備えています。

この【強さと違い】を磨き上げたうえで必要なのが、

『信頼』『利益』と言えます。

なぜ、そう言えるのか?

「信頼を得る」ということは、あなたから選ばれる(買いたい理由)が明確という事。

※別章の「選ばれるために必要な強さと違いの作り方シリーズ」もご参照ください

 

 この状態だとブランドとして機能していない

しかし、どんなに信頼を得られたとしても、
「利益を生み出す」ことができなければそれはブランドとしては機能していない。

お客様から信頼され、そして利益を生み出した時こそ、
その価値が理解され満足していただいて貰っているという事。

信頼を得るだけでもブランディングは成立せず、ただやみくもに利益が上がっても、信頼されなければそれは一時的なもので、必ず支持されなくなるだろう。

5年もすれば企業の7割から8割がなくなるのもうなずける。
過剰なコピーなどで一時的な利益を得てもそれはブランディングではないという事。

一過性のブランディングに惑わされることなく、信頼と利益を生み出すことこそが、真のブランディングといえよう。

 

それが、30年ビジネスにかかわってきてたどり着いた筆者自身のブランディング論の答え。

最後に「信頼と利益」を生み出す為に必要な要素は、「選ばれる理由」を自ら理解しそれを伝えられてるかということ。

 

 選ばれる理由の作り方

選ばれる理由とは「強さと違い」(キラーポイント)を導き出すこと。そして選ばれるための「強さと違い」には3本の矢が必要になります。

ここでいう3本の矢とは①お客様 ②自社 ③競合 となります。詳しくは上記緑の3本の矢をクリックください。

 

最後に今の自分(自社)に迷いを感じたら、自社のお客様にこの最強の質問をしてみてくださいね。

 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  2. 商品あるが、売り方、広め方、集客の仕方がそもそもわからない←この状態をどうにかす…
  3. 「マーケティング」を一言で言うと?そのシンプルな意味・答えとは?
  4. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」
  5. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?【失敗しないホームペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP