非常識な売り方は異業種に学べ

ノギャルに学ぶ!新たなビジネスコラボを農業女子が作る

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

売り込まないセールス設計
クロージング戦略マーケッターの安部です

ノギャルがおしゃれにコラボ

ノギャルがおしゃれにコラボ

新たなビジネスコラボが農業女子を作る

新たなビジネスコラボが農業女子を作る

農業女子?新たなビジネスコラボレーション?」

「農業女子」ってご存知ですか?

農林水産省も推進しているプロジェクトで、

農業女子という言葉(職業)の定着と

農業女子の企業との取り組みのビジネス化することと
(一年間のプロジェクトを通し女性農業者のビジネス感覚を育成)

農業女子の生産物の付加価値化を目的としているもので、

自然との関わりの中で培った知恵を、

さまざまな企業のと結びつけ、

新たな商品やサービス、

情報を社会に広く発信していくためのプロジェクトというもの。

詳しくは以下、農業女子ホームページにて
http://nougyoujoshi.jp/

そんな「農業女子」とヘルシーで女性に人気の外資系「SUBWAY」が

意外なコラボレーション。

「農業女子プロジェクト」に参画している女性が今回のメニュー開発に携わったようで、

その名も「畑からの贈り物」というランチバック。

ネーミングだけでそれとわかるようなポイントの高いメニューですね。

正に写真の商品ですが、SUBWAYとしても

中々、インパクトのあるスゴく意義のあるいいコラボじゃないでしょうか。

一部店舗での一日10食限定の期間限定(10月8日~22日)商品。

4名の農業女子が育てた旬の作物と、

季節にふさわしい食材を組み合わせて作ったこだわりのメニューとのこと。

農業女子のプロジェクトは今や旅行会社、小売業、化粧品などと

多岐にわたっているが、

こだわりやストーリー化しやすいこういったコラボ商品は

今回のような一部の限定ではなく、

もっともっと広く広めて欲しいコラボプロジェクトですね。

 

※追記

ギャル革命起業で一躍有名になった「藤田志穂」も

農業×ギャルで「ノギャル プロジェクト」なるものまで始動され、

ジーンズメーカー「EDWIN」ともコラボ。

農業にも新たな一面としてファッショナブルなイメージや農業の良さなど

イメージUPへの一役かっている。

 

売り込まないセールス設計|行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ
売り込まないセールス設計コンサルタント 安部由宇輝

安部由宇輝のfacebook 安部由宇輝のGoogle+ 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 「マーケティング」を一言で言うと?そのシンプルな意味・答えとは?
  2. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  3. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  4. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法
  5. 問い合わせを貰うにはサイトに来るキーワード(要望)を把握する事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP