非常識な売り方は異業種に学べ

Amazon、遂にリアルに進出!そのメリットとは?

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi このサイトに来た方は、まずこちらをお読みください

「Amazon、遂にリアル店舗キタ━(゚∀゚)━!」

まだ、遠くはなれた海の向こうの話ですが、

あの通販最王手の「Amazon」がニューヨークで実店舗を出すとの情報が

流れてますね。

今年度末にオープンする見通しのようで、

小規模の倉庫型店舗で、扱う商品数は限定的で、

ニューヨークで即日配達サービスを展開するほか、

ネットで購入した商品の交換、返品、受け取りが可能となる。

ネット購入した商品の実店舗での返品交換受け取りなどが

出来るのだからネットの弱みをリアルで補い、

リアルの弱みをネットで補ういい補完関係にもなりそうですね。

Amazonは実店舗を持つコストを嫌いネット通販にのみこだわって、

成長してきた企業。

そのAmazonが遂に実際の顧客とのつながりを持ち、

そしてそのつながりをどうイノベーションとして構築していくのか、

競合としては脅威でもあり、顧客としては楽しみでもありますね。

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura    

★ホームページ、持っているが成果が出ず、そのまま放置しているなんてもったいない
うまく活用できれば、24時間自動で動く営業マンになってくれるのに...

初めてこのサイトに来た方は
まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法
  2. 【インターネットそれダメ8選】その1「安易にプライベート情報を流出させない」
  3. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  4. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  5. 【強みと違いの活かし方①】動き方を地に足を着けたものにする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP