失敗しない起業家診断

【周りの評価を自動的に高める方法】私の実体験をもとに解説

LINEで送る
Share on LinkedIn

yajirusi 初めてこのサイトに 来た方はまず「ビジネス戦略の基礎シリーズ(全5話)」をお読みください

周りの評価を高める最大のメリットは、こちらから営業をしなくとも、あちらから呼んでくれる。

お客様の方から選んでいただけるという点。

自分自身への信頼や高評価が周りの人が受け取られていると、労を少なくして得を高く積むことができます。

と書いてみたら、とんでもない方法やのぅと思ってしまったのですが、 実体験だからしょうがない。

しかしどうすれば、周りや世間の評価を高めることができるのか。
しかもそれを自動的に行えるのか。

私の体験談を元にこれをお伝えできればと思います。
それでは細かく解説していきましょう。

結論を申し上げますと、見た目を変えるだけで周りの評価は自然と変化をさせることができます。

それが周りの評価が上がるような格好をすれば良いだけの事。

このようにさらっと書きましたが、 どうすれば周りの評価を上げられる格好ができるのかがわからない人からしたら、 非常に難しいもの。

砕けて言うと、ダサイ人にはどうすればかっこよくなれるのか、どのような格好したら、周りの評価を上げられるのかというのがわからない。

そんなわけで私は専門家の力を借りました。
安部氏に今では忘れもしない2014年の4月15日、午後5時ごろにやっていただきました。

安部氏いはく、それまでの私の格好は
「もうとても20代と思えない老けたくそダサイ格好だった(マイルドな表現)」とのこと。

つまり、私の格好そのものが周りの評価を下げてしまうような見た目だったという事。

見栄えが悪いくせに、実務能力は皆無で、自己評価だけは高いという使い物にならない存在だった。
それが、2014年の4月までの私でした。

話を戻します。

その日に私は安部 由宇輝氏に連れられて、洋服屋へと参りました。

今では懐かしいことですが私、「ユニクロ」と「しまむら」、この辺しか洋服屋には入れません。

行ったことが無いという意味ではなく、オサレな洋服屋に入れないのです。

洋服を買いに行くための洋服がない状態。
オサレな感じの洋服屋にいるだけで自分にはプレッシャーがかかってしまうと言う状態でした。

ここで、今まで自分が気をとも思ったことがない服をフィッティングルームで着てらしかもその変化に、自然と

ここ大事です
自然と

「恍惚の表情をしていた」そうです(写真撮られて証拠が残っているので否定ができない)

そして次の日から今までの服装や見た目をガラッと捨て去ってみたところ、 周りの目が変わりました。

この後が私の最も申し上げたいことです。

中身は変わっていない。
だってたったの1日だもの。

見た目を変えただけ。

それだけで周りの人立ちの私への評価がガラッと変わった。

それまでの、周りの人たちからの私への印象は

「なんか怖い」
「偉そう」
「陰険」
「何だあいつ」

だったのが、

今ではというかそこからは、こんなことが起きました(実例)

「こいつとは二度と話さんな」と私に対して思っていた人が私の家に泊まった
しかも2回も

「何だこいつ」ってないので私に接していた人が、あちらからすごくフレンドリーに話しかけてきた

あちらから仕事の依頼を、お声掛け頂けた
(これは何度も)

他にもいろいろありますが、格好変えた4ヶ月以内に、今までではありえないことが次々と起こりました。

当時はその渦中にいたので、その状況というものを冷静に受け止めきれていなかったのですが、 今から考えると、
人は外見と言うものでかなりの部分で判断をしている。

でもよくよく考えたらこれは、誰もがやっていることです。
人は見た目では判断してはいけないよねということ は、なんとなく思いつつも、それでも見た目で判断をしている。

ただ、ここで気をつけなければならないのが、

「自分自身に合った形の見た目をしている」

もっと言うと

「信頼や好感が得られるような形で自分に合った見た目をしている」

ちょっと専門的になりますが、
ブランディング=信頼、好感
と定義をすると、どのように新ダイヤ交換が得られるような形で自分自身をブランディングしていくのかプロデュースをしていくのかということが大切になってきます。

2014年の3月までの私はこの自分自身をプロデュースしてブランディングしていく。
信頼や好感を得ていくということが全くもってできていませんでした。

私はなぜ上手くいかなかったのか、様々な要素があります。
ただ1番基礎となるポイントは自分自身が分かっておらず。
周りの人がわかっておらず。

どうしたら自分自身に信頼や好感を向けてくれるのか?
というポイントをわかっていなかったというところにあります。

そこに気がつくターニングポイントがまさに2014年4月15日。
安部氏にやっていただいた、見た目を変えることによって、周りの評価を変えるという、美魔王プロジェクトだったのです。

 

↓ ↓ ↓この記事をご覧いただきありがとうございます。あなたの応援クリックの1つ1つが励みになります
mura  

まずはこちらをお読みいただくとよいでしょう

「マーケティング」を一言で言うなら?そのシンプルな答えとは?
『マーケティング戦略に一番重要なもの』意外に見落としがちな盲点①
『警告!マーケティングは戦術よりも戦略から』意外に見落としがちな盲点②
ブランディングの極意とは?(3本の矢と2つのキラーポイント)
それでいいのか?「集客一辺倒に一言物申す」

 

ご案内

→ホームページ作ったけれど、これでいいのか診断して欲しい!詳しくはコチラ
→そもそも、ハイブリッドマーケティングラボとはどんなところ?
→売り込まないマーケティング戦略セミナー動画 リアル&ウェブ編 公開中
→お問い合わせ、ご質問はコチラ

↑トップページに戻る

ピックアップ記事

  1. 【強みと違いの作り方①】 強さと違いが信頼と利益を作る
  2. 【起業家のための自滅防止シリーズ①】周りから人が離れていく理由と対処法
  3. 知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
  4. 商売の見落としがちな盲点①消費者心理(売り手の罠)
  5. ホームページのデザインを綺麗に作ったが効果が出ない理由とは?【失敗しないホームペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロデュース先のリンク集

fenchbanner

衣料の循環サイクルを考えた新しい試みのブランド スローガンは3R この3つの頭文字 reuse 古着の再利用 recycle(remake) 衣料の再生 reduce 廃棄物を減らす

drugbanner

嘘だか本当だか分からない混乱を招くような医療情報がごまんとありますが、ここでは確かなソースを元に透明性の高い情報を配信しています。

marutabanner

固い素材である丸太棒に乗ると自分の身体のコリや歪みに気づけます。そのコリを発見することにより自分の身体の不調の場所がわかります。

bimayabannaer
heart navi

PAGE TOP