ビジネス向上委員会とはどんなところ?何が学べる?何を頼めるのか?

LINEで送る
Share on LinkedIn

絞りこまない。だから商売を継続できる

ビジネス向上委員会は、アパレル業をベースに実践と成果を踏まえ、自らマーケティング論を生み出し、リアル店舗再生プロモーション、ビジネスモデルづくりを得意としたビジネス向上長、安部由宇輝とウェブを使って接続分析検証修正を繰り返して確実に結果をもとにするウェブ向上長、山崎裕之とで、全業種、個人事業主、中小事業者、すべての商売の向上を狙い、立ち上げた委員会です。

※補足として、アパレル業はマーケティングが実は最も難しい。アパレルができれば全てができると言われています。

世の中では、絞り込めとよく言われていますが、
われわれは絞り込みというものをあえて行いません。

ただし、見せ方だけを絞って見せるならアリでしょう。(理由は後述)

>>詳しい理由はこちらをクリック:お客様を絞り込みたいけれど絞り込めない人への解決策

>>実例はコチラ:函館ラッキーピエロに学べ!大手が手も足も出ない完全無欠の地域一番店戦略

創業・開業時は特に対象を絞り込むことにより集客や成約をしやすくなる。しかしビジネスの継続性を考えると、1つに絞り込みを行うのは逆効果になる場合があります。

商売の継続性を考えるならば、対象となるお客様によって見せ方だけを絞り込む。
各要求ごとにお客様の対象を絞り込むことによって、様々な角度からお客様を獲得すると言う手法です。
この方が長期的に経営は安定します。

集客にしても、成約設計にしても、まずはお客様の興味関心に沿って見せ方を作り、
その上でこちらに興味を持っていただくと言うやり方を複数パターンで持っておいた方が、経営が安定しやすいということです。

この考え方はコンサルをされている方や、セミナーをされている方、また最近のビジネス書の主張とはかけ離れているかもしれません。

われわれは実践経験からどれだったら売り上げにつながるのかお客様から選ばれるのかということを、実地で積み重ねていった結果、あえて絞らないという選択をしています。

購入率が確実にアップするのはこのやり方

もちろん伝え方やコピーライティングなどでは絞り込んで表現します。でもあくまで見せ方として。

商売ではアップセルやクロスセルといった成約者にさらにプラスαで購入してもらう事が効果的です。
いちど購入していただいたお客様は、通常よりもすでに信頼が高まっているからです。
だからこそ再度購入していただく商品があるとセールスしやすいともいえます。関連商品作りはもちろんのこと、少し違った商品でも信頼度の高まったあなた(貴社)なら購入率が確実にアップします。

 

頻度や継続性が高いほど、1つの商品だけだと新規開拓に常に追われます。
「あなたは、毎日ラーメンを食べますか?」食べないですよね。
広域商圏で人が集まる所ならともかく、少々間の場合、大好きなラーメンだったとしてもラーメン以外にチャーハンや定食ものを置いてある方が、頻度や必要性が増す事は間違いない事実です。
だからこそビジネスメニューは必要といえます(商圏や商品によっては一本化でも大丈夫です)

そのためビジネス向上委員会でお伝えする話は、テーマも絞り込みを行いません。
ありとあらゆるビジネスに関わることを全方位的にお伝えしていきます。

これが成果を出していく為のスタイル

ビジネスで成果を出していく為のスタイルは以下のような形をとります。
ビジネス向上委員会では、成果の出る学習塾と同じスタイルで、あなたのビジネスの向上を図っていきます。

成果の出る学習塾と言うのは

個別学習、集団学習、自立学習この3つを組まれている塾です。

実力を身に着け、成果を出すにはパターンがある

 

個別指導について

これは我々はコンサルティングという形で提供させていただいております
個別指導ではまずどのような方向性を持ってビジネスを構築していくのか戦略を打ち立てた上で、どのようにお客様にアプローチをし売り上げにつなげていくのか選ばれ続けていくのかと言う実践的な戦術を組み上げていきます

 

集団学習について

こちらは、現在は個別指導を受けいただいた方のみに、特別に開催させていただいております。

個別指導で培った方向性をもとに、その方向性と照らし合わせて実践と改善を繰り返していくものとなっています。

自主学習について

これは、自分で学んでビジネスを向上図っていきたいという方向けのものとなっています。
もちろん個別指導と集団学習を行いながら自主学習を行えばよりビジネスを加速させていくことが可能ですが、
自分自身の力で切り開いていきたい、ただノウハウや知恵も得ておきたい、といった方にオススメのものになっています。

 

具体的に我々が得意としていることは

  • 中小企業に対して、購買意欲の高いお客様に見つけてもらい、信頼をされ、選ばれるようなブランディングを構築する
  • その商品が通用するのかどうかの判定
  • もし通用しないようなら別の切り口で商品を再設計する
  • 成約に結びつきやすくなるよう
  • ホームページ、ランディングページ、SNSから、信頼が高い状態を作り出す
  • 新聞などのメディアにて、お金を使わずに掲載される方法
 
などです。
以上を中心に、個別学習、集団学習、自立学習をご提供しております。
 
 
 

コンサルティングについて(個別学習に相当)

yajirusi ビジネスがなぜか上手くかない、でもどうしたらいいのかわからない方はコチラをクリック

yajirusi そもそもこのビジネスをやっていってもいいものか。聞いてみたい方はコチラをクリック

 

 

 

 

教材などについて(自主学習に相当)

 

 

ビジネス向上委員会所属者:各人プロフィール

 

 

このサイトに来た方は、
まずこちらの記事をお読みいただくとよいでしょう

ビジネス戦略の基礎シリーズ(全3話)

ホームページ診断で発見!「ありがちな失敗」シリーズ

⓪-1知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
⓪-2知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「制作会社を知る」(中編)
⓪-3知らないと大損するWEB制作の怖ろしい話「サイトを知る」(後編)
①どんなキーワード(要望)で人が来ているのかを把握していない
②何が頼めるのかよくわからないケース
③問い合わせの以前にアクセスが伸びず人が来ない
④ブログ書いてるがアクセスが伸びない
⑤問い合わせは頼みやすさが鍵となる

 

失敗しないホームページ・ブログ診断シリーズ

1、デザインを綺麗に作っても効果が出ないのはなぜ?
2、改善に必須の3つの視点
3、必要性と信頼性の持たせ方とは?
4、日本人に合ったウェブ戦略
5、超基礎的、ウェブ上で見つけてもらうには?
6、検索に関するこの2つ、分けて考えていますか?
7、集客と成約を自動化するには?
8、ホームページはこれを作れた人が勝つ

PAGE TOP