ビジネス向上委員会とはどんなところ?何が学べる?何を頼めるのか?


優れた商品やサービスを売れたり広まるようにしていく

世の中には、あまり名前は知られていないが優れた商品やサービスが沢山あります。

本当はもっと広く人々に知られていても良いかもしれないが、見せ方や売り方があまりよくなく、なかなか売れない、広がらないといった問題があります。

そのような、優れた商品やサービスを売れたり広まるようにしていく。これがビジネス向上委員会の役割です。

このブログに書かれている事は、他で言われていることと違っていたり、ある種偏っていたりするかもしれません。なぜなら実践してきた経験から書いているからです。自分の目で見て、体験して、その上で至った結論を書いています。

ですから肌に合わないなと思われるならば読まないに越した事はありません。時間は有限ですからね。

かなり好き勝手に描いていると思います。経験談なのでそれは仕方がないことでしょう。

 

ここで学べる事

ここでは

1、成果を出していくための考え方や思想
2、うまくいくためのノウハウ
3、失敗するパターン
この3つをお伝えしています。

 

特に失敗するパターンを知る事は大事です。どんなにうまくやっていたとしても、失敗が、今までの成功を引きずり込んでしまうからです。

50年、100年続いた企業も、不正を行うことにより、経営にかなり傷がつくようなニュースをご覧になったことも多いでしょう。そうです、どのようにすればうまくいくというようなメリット的な情報よりも、どうすれば失敗してしまうのかデメリットの要素を排除していくことが、商売をより長く継続させる。今までの成功をズタズタにしてしまわないために必要な要素なのです。

 

これができると、売れやすく、広がりやすくなります

作り手の商品へのこだわりや、思いや商品自体のスペック、特徴ではお客様からは選ばれにくい時代になってきています。

作り手の思っているその商品のすごい特徴と、お客様が欲しいと思える良いと思うよなポイントは違いがあるからです。

例えば、携帯電話でも同じことが言えるでしょう。

ガラケーでは商品のスペックや多機能性が前面に押し出されていましたが、
使う側にとってどのような用途があるか、ボタンなどが極力ないシンプルなiPhone等のスマートフォンに日本の携帯電話市場は駆逐されてしましました。


売り手からすると商品の特徴やスペックを出していましたが、お客様が欲しいと思うポイントはそこではなかった。ということです。
そしてこれは、大企業、中小企業にかかわらず、同じような状況に陥ってきています。
つまり、いわゆる職人気質の売り方では、既にお客様からは選ばれにくい時代になっています。

必要なのはお客様にとって欲しいと思える表現。これができると、売れやすく、広がりやすくなります。

 

 

このサイトを読むにあたり、まずはビジネスの基本的な(我々の考え方をご覧ください。

実践から培った、世の中とは違うかもしれませんが、実際に使えるやり方を使っているやり方はこのようなものです。

世の中を見ていると、海外からのコピーペーストの情報が多いように思います。
果たしてそれが本当に使えるかどうかわからない。特に日本で使えるかどうかが疑問です。海外からのコピペの情報では日本の商習慣や制度に合わないといった場合もあるでしょう。

もしくは、海外からのコピペその情報を販売するのが上手なだけで、実際に他の商売で応用したことがない、実践をしてことがない方々がいらっしゃいます。そのような情報は一見格式も高くきらびやかではありますが使いづらいでしょう。あなたはそんなことに時間を使う必要ないはずです。

ご依頼いただけること一覧



 

 

具体的に我々が得意としていることは

  • 中小企業に対して、購買意欲の高いお客様に見つけてもらい、信頼をされ、選ばれるようなブランディングを構築する
  • その商品が通用するのかどうかの判定
  • もし通用しないようなら別の切り口で商品を再設計する
  • 成約に結びつきやすくなるよう
  • ホームページ、ランディングページ、SNSから、信頼が高い状態を作り出す
  • 新聞などのメディアにて、お金を使わずに掲載される方法
 

 

教材などについて

 

ビジネス向上委員会所属者:各人プロフィール

 

 

このサイトに来た方は、
まずこちらの記事をお読みいただくとよいでしょう

ビジネス戦略の基礎シリーズ

ホームページ診断で発見!「ありがちな失敗」シリーズ

⓪-1知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「検索を知る」(前編)
⓪-2知らないと大損するWeb制作の怖ろしい話「制作会社を知る」(中編)
⓪-3知らないと大損するWEB制作の怖ろしい話「サイトを知る」(後編)
①どんなキーワード(要望)で人が来ているのかを把握していない
②何が頼めるのかよくわからないケース
③問い合わせの以前にアクセスが伸びず人が来ない
④ブログ書いてるがアクセスが伸びない
⑤問い合わせは頼みやすさが鍵となる

 

失敗しないホームページ・ブログ診断シリーズ

1、デザインを綺麗に作っても効果が出ないのはなぜ?
2、改善に必須の3つの視点
3、必要性と信頼性の持たせ方とは?
4、日本人に合ったウェブ戦略
5、超基礎的、ウェブ上で見つけてもらうには?
6、検索に関するこの2つ、分けて考えていますか?
7、集客と成約を自動化するには?
8、ホームページはこれを作れた人が勝つ

月別の記事数

ビジネス向上委員会とは?

売り込まないセールス・集客設計のツイート

PAGE TOP